music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

クルマの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fiat 500

クルマ / 2008.03.16
Fiat 500が日本に導入されました。
080316fiat500.jpg
欧州では大変な人気で、カー・オブ・ザ・イヤーなんかも受賞したようですね。
あちらの方々としては、このブランドへの強い思い入れもあるのでしょう。
実際、旧型の特徴である要素を多数キャリーオーバーしつつ、
現代性も十分に仕上げてきたデザイン手腕は巧みで素晴らしいと思います。
特にオプションのホイールデザインなんかは、柔らかいノリで冒険していますよね。
今となっては目新しいコンセプトではありませんが、こういった温故知新は大賛成です。

一方、軽自動車を始めとして、小型車の高いパフォーマンスを身近に実感している日本市場で、
どれだけ売れるかが見物でもあります。
軽自動車プラスαのディメンジョン、1,000kgオーバーの車重で69PS/10.4kg・m。
10・15燃費は15.6km/L、当然ハイオク仕様。
軽に対しては税制面でのビハインドもありますし、機構面でも特段の売り文句はないようです。
それでいて、225万円から、という価格なわけです。
要は、このクルマのキモはデザインとブランドだけであり、
その2つのプレミアで、その他すべての要素をカバーしようとしているわけですね。
ここからは私見ですが、
デザインに関しては、何度眺めてもピカチュウを想起してしまう外観の可愛らしさは強烈ながら、
質感や目新しさも含めて他に特筆すべきものはない、
またブランド力についても、BMW製に置換される直前まで販売が継続されていたMiniと違い、
長いこと少数のオールドカーが走っていただけの500は、馴染みがなく弱いと想像します。
すると必然的に、よくできた日本車を差し置いて、わざわざこいつを選択する人が多くいるか、
というと、ぼくは、否と思うのです。

それにしても、あまり誰も指摘していないようですが、
RRだった旧型のデザインを受け継ぐのは良いのだけど、
FF車としてはフロントの開口面積があまりにも小さく、
高温多湿の日本で冷却性能は充分なのだろうか、という疑りが拭えません。
ディーラーの数を考えると、不調時のサポート体制にも不安を感じますし、
ただ可愛いからというだけで買うことは、ちょっとおすすめしかねるところです。

FiatジャパンHP
Fiat 500 スペシャルサイト

こちらは旧型。
キュートネスとは違う愛嬌があります。
080316fiat500old.jpg

三菱 Lancer Prototype-S

クルマ / 2008.03.04
三菱 Lancer Prototype-S。
今日から開催されるジュネーブモーターショーにて、ワールドプレミア。
080304lancerprototypes2.jpg

080304lancerprototypes4.jpg

080304lancerprototypes1.jpg
なかなか良いですよね。
ランエボXは、逆スラントノーズ・大きく開いた口・フードのダクト等、好戦的かつスパルタンな顔つきがそそるのですが、個人的には、そういったフロントに比べて、リヤは微妙に腰高で間延びした印象を持っているのですね。その点、こちらのハッチバックには、フロントに負けない塊感や意匠性を感じます。フロントのオーバーハングの長さを考えると、不格好な長靴型になってしまいがちなところですが、写真で見る限り、そこも上手く処理されているようです。出力面(240PS)ではエボXに一歩譲りつつも、ツインクラッチAT&AWDという組み合わせは踏襲される模様でして、これが250万円程度で発売されれば、スポーツハッチを検討する際には、かなり魅力的な選択肢となりそうです。

ところで、リヤのスタイルについて難癖をつける格好になってしまいましたが、ランエボが、好きです。日本車ならではの良心というか、不要なプレミアムを削いだ、ストリートに根ざしたスポーツカー、という意味で、たいへん夢のあるクルマだと思います。ホイールの隙間から覗く赤いブレンボとか、無塗装の樹脂パーツとか、ああいったガンダム的な無骨さも良いですね。新型のGT-Rなども、やはり、アニメとゲームの国ならではの素晴らしいデザイン(見た目以外も含めて)だと思うのですが、その購入価格や維持費を考えると、ぼくの収入レベルでは、少し敷居が高すぎるのですね。一線を越えてしまった、という印象です。その点、ランエボなら、ちょっと頑張れば買える、という現実感があるわけで、事実、ぼくのMINIと同等の値段で満足のいく仕様が購入できますし、いやが上にも、いろいろと妄想してしまいます。

Lancer Prototype-S 公式プレスリリース
【ジュネーブモーターショー08】プロトタイプSを世界初公開 ギャランの5ドアHB版|Response.
三菱自動車『Lancer Prototype S』:Nihon Car .com
Lancer Evolution X 公式HP

masa様のMINI Cooper Clubman

クルマ / 2008.02.22
ポン友masaくんが、ラシーンの錆に悩まされています。
風邪? - ひねもす日々
新車の購入も視野に入れておられるようでしたので、
すかさずトヨタFJクルーザーの逆輸入を勧めたのですが、
どうも聞いてみると、ステーションワゴンが良いとのことなのですね。
しかも、来る3月2日(ミニの日)に発売されるMINI Clubmanが、かなり有力な候補とのこと。
それを聞いたことで、ぼくのMINIへの思い入れと生来の親切心が合体・強化されまして、
さっそく購入エンコード、もとい購入シミュレーションをしてしまいました(勝手に)。

080222miniexteriorfront.jpg

080222miniexteriorrear.jpg

080222miniinnteriorside.jpg

080222miniinteriorfront.jpg

クール!!

<狙い>
持てる知識・経験・熱意を総結集し、お客様の購買マインドを喚起・向上する。
(お客様がいくぶん落ち着いたトーンであることは気にしない)

<基本コンセプト>
・お客様の嗜好を第一に、スタイル・走行性能・快適性等、様々な要素を満遍なく勘案。
・O谷の経験と反省を活かし、選択装備を充分に吟味することで、
 過不足ないお客様満足の提供と、購入価格の抑制に貢献。
・全体としては、時代感を演出しつつ、MINIらしいカジュアル感とエレガンスの両立を狙う。

<仕様詳細>
・お客様の希望を踏まえ、外鈑色はClubman専用カラー「ホット・チョコレート」を選択。
 新鮮でありつつ、落ち着きと深みも具えたメタリックブラウンに合わせるルーフ色は、
 鈍重さの払拭と爽快感の付与を意図し、あえて希望を外したシルバーを提案。
 併せて、ターンランプ色をホワイトにすると共に、クロームメッキ部を最小限に抑えることで、
 必要以上にクラシカルな見え方を回避する。
・濃色ワゴンボディーに相応しい、リッチなスタイルとスムースなライディングを期待し、
 ベースグレードはCooperとする。
 BMWならではの素性の良いボディに搭載された、
 120hpの無加給エンジンに6MT・ノーマルサスの組み合わせは、
 市街地走行において過剰にならないスポーティネスと、特に雪路での快適性を担保。
・室内色はブラックをベースとし、ポップになりすぎない三十路のしっかり感を強調。
 トレンドに加え、ルーフカラーとのマッチングも考慮し、加飾類はシルバーで統一する。
・ホイールは、上体の重みをしっかりと支え得る大径感を持ちつつ、
 エクステリアのエレガンスが際立つ販売店装着オプションの17インチフィンタイプとした。

<価格>
masa様のMINI Cooper Clubmanお見積結果

上記お見積にはホイール・タイヤ分が含まれていませんが、
予測される23万円を加算しても、約300万円。
取り外した純正15インチホイールは、スタッドレス用に流用可能です。

うわあい、こんなに格好良いのに、意外と安いんだね!!!
これならすぐにでも買いに行くよ!!!

というmasaくんの歓喜の声が聞こえますね。
オプションのルーフキャリアを付ければ、こんな姿にも。
080222miniexteriorfront2.jpg
とてもよく似合っています。
masaくんのアクティブなライフスタイルにうってつけです。
ああ。一刻も早く、masaくんの満たされた顔を拝見したいものです。

MINI.jp (masaくん、コンフィギュレーターはこちらです)
MINIUSA.com(masaくん、別バージョンのコンフィギュレーターはこちらです)

HUMMER HX (CONCEPT)

クルマ / 2008.02.21
080222hummerhx.jpg
ちょっと遅い情報ですが、かなりそそられます。
ルーフもドアもとっぱらえる、というのが特に良いですね。
オフローダーだけでなく、SUVは、もっとオープンモデルを出しても良いと思います。
ただ、H3よりも小さいとはいえ、やはり全幅2メーター超は大きすぎますね。
大型ミニバンの商品企画に携わっていた者としては、
せいぜい1850mmがストレスなく扱える限界と考えます(本州の都会であれば)。
ぼくが北海道に住んでいるとするなら、間違いなく購入検討対象にエントリーするクルマです。

<主要諸元>
寸法:全長4343mm×全幅2057mm×全高1829mm
ホイールベース:2616mm
駆動方式:AWD
エンジン:3.6リットルV型6気筒DOHC
最高出力:304hp(227kW)/6300rpm
最大トルク:270Nm(273lbft)/5200rpm
トランスミッション:6AT
使用燃料:ガソリンおよびE85

response.: 【デトロイトモーターショー08】写真蔵…ハマー HX
auto-web: デトロイトモーターショー2008 | ハマー HX コンセプト

2ちゃんねるに

クルマ / 2007.06.25
先日ここに書いたMINIの走行性能に関するインプレッションへのリンクが、
いつの間にか貼られてました。
しかもO谷というハンドルネームまで騙られて。

--
365 :O谷:2007/06/24(日) 01:32:05 ID:zn2HE7X90
R56 Cooper S 6MTのインプレアップしました。
暇があったら見てください。
http://mlr.blog48.fc2.com/blog-entry-115.html
--

個人的には、このブログは、身内&一握りの音楽好き・クルマ好きを対象に
やってるつもりだったので、ナンバープレートもなにも隠さず写真を載せてたんだけど
(修正めんどくさいので)、とにかく唖然。

なお、そのスレッドのなかで、以前僕が冗談めかして書いた
「あとは一緒に乗ってくれる人を探すのみ」という言葉を真に受け、
彼女はおろか友人すらいないような受け止め方をした自称モテモテの方がいらしたようで、
僕に対して「キモイ」とのコメントがありました。
最近彼女がいなくなったのはまあ否定はしませんが、
僕にだってドライブに誘えるような人は(多くはないですが各地に散らばって)いるわけで、
すげえ不本意なかんじです。
まあ、その書き込みの後、彼はさんざ叩かれてましたので、とりあえず良しとしよう。

と、そんなこんなですが、まあ泥沼なので気にせずやってくことにします。
just relax.

ところでmasaくん、元気かい?
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。