music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレビュー 06.02.10

Past (-07/2) / 2006.02.10
えー、僕じつは、この1月に名古屋の事業所に転勤になったのですが、引越しのタイミングを逃してしまい、ずっと本社がある豊田市というところから通ってます。
(札幌の方、名古屋駅~豊田市駅の直線距離は、札幌駅から朝里や江別や当別や豊平橋ダムくらいあります)
運良く近所に会社側までの直通電車が停まる駅があるので、まだ通勤は1時間程度で済んでますが、やっぱり朝とかはツラいものです。

そんなこのごろ、ようやく引越先が決まり、ドアドアで20分くらいの通勤が可能になりました。祝、市外局番3ケタ化!
ただ・・・なんせめんどくさい。
考えてみれば、就職してから4年目、色々あって今回で7回目の引越し。半年に1回のペースです。その度に住所変更とか色々あるんだよね。たまりません。
さておき、引越しは来週末です。新しい環境の心地については、また折を見て。

では、今回も自分のために新規購入CDのレビューをば。
2月9日購入分です。
◆ Amar Khalil: Where There's A Will, There's A Way (Nu Soul/Gospel)


Tony! Toni! Tone!からRaphael Saadiqが抜けてしばらく経ちますが、この人が後釜だったのね。Raphaelのそっくりさんみたいに言われてるようですが、僕はそれほど似ていると思わない。むしろ彼より嫌味のない爽やかな声だと思うけどねえ。
そんなAmar Khalilの1stソロアルバムです。

湿度低め、よく晴れた西海岸の空の高さを想起させるコンテンポラリー・ゴスペルの好盤。気持ちいいミドルテンポの曲が揃ってます。トニーズ周辺の音が好きなら、買って間違いなし。僕も今後、よく聞くことでしょう。
*ゴスペルといえば黒人の太ったおばちゃんが集まったコーラス隊だと思ってる方、それはそれで間違ってませんが、もう一方で、まるきり今のサウンドを持ちつつ、歌詞だけ「神様たすけて、神様ありがとう、神様愛してる」というものもあるのです。

それにしても、こういうNu (Classic) Soulって、減ったなあ。
Aliはどこにいった!Soloはどうした!Maxwellは引きこもってないで出て来い!でもEric Benetみたいにスベりまくりそうな気がするなら、そのまま引きこもってても良いぞ・・・
まあ、細々とリリースが続いているところを見ると、僕含めて固定層がいるんだろうな。
R&B含め、ここ数年、なんか黒人の歌モノが停滞してる感がある。アッシャーとかビヨンセとかの一人勝ちって印象。新しい音もなかなか聞けないし、メジャーから良いアルバムがあんまり出てこない。このまま一部の好事家のための音楽にならないか心配です。

それはともかく、今回買ったのは日本版。輸入版ジャケットはね、次のとおり。


・・・日本版ジャケットの、キャップを目深にかぶった伏目の理由がわかりました。さすがにこのままじゃ売れんわね。どこの昆虫の半笑いよ?
日本版がリリースされてるCDでは、こういう(エセ)イケメン化がしばしばあるのです。


◆ No Name Horses: No Name Horses (Jazz/Big Band)


「スウィングガールズ」の公開以来、ビッグバンドブームが続いてるようですね。レコード屋さんにも特集コーナー置かれたりしてね。元来ビッグバンド好きな身としては、紹介される音源が激増したという意味で有難い限り。大抵はレトロなクソですが。
で、このNo Name Horses、真打登場です。
小曽根真率いる、日本ジャズ界名人20名によるオールスター戦。よく集まった!それにしてもメンバー20名中、ヒゲ×8、細ぶちメガネ×7、スキンヘッド×4、ドレッド×1、赤モヒカン×1(コンビネーション含む)。呆れた中年です。
まあ、そんな面子の凄さは端折りますが、超ゴージャスで熱くてスピーディーで、それでいて当然安心して聞けちゃうもんだから、たまりません。トロンボーン同士のバトルなんか聴けるのも、この編成ならではですね(管楽器隊11名)。かっこいい。
録音も極上につき、今回のヒット盤です。おすすめ!


◆ Indigo Jam Unit: Demonstration (Jazz/Club)


大阪のピアノトリオのデビューEP。
平均年齢27歳という若手集団ということで、演奏に若干の荒さはありますが、しっかり踊れる気持ち良い音に仕上がっております。ピアノトリオならではの透明感と、腰に来るブリブリのウッドベースがキモ。
新世代ジャズの創造ということでは、北欧の若手が頑張ってたりしますが、この手のおしゃれなクラブジャズ方面では日本もなかなか。多分日本人て、こういうの好きなんだよね。
インディ発40分マキシですが、1500円なので見つけたら買ってみるのもいいのでは。

それでは~

コメント

引っ越し - マサ

引っ越しなかなか大変だよね。
俺は生まれてから数えて11回かな?確か。
別に親が転勤族というわけでもないけどね。
3~6年でお引っ越しでした。
学生の頃、しかも親と同居だったので手続き上の面倒さは無かったけれども、部屋片付けたり、運んで元に戻すのはなかなかの重労働でしたよ。
そのおかげで荷物つみはうまくなったけれどもね。
てか半年に一回引っ越しは大変だなぁ。
家が近くなら手伝ったのにぃ。
2006.02.13 Mon 11:34 URL [ 編集 ]

温泉猿さんこんにちは。 - 管理人

コメントありがとうございます!
ちなみに僕も温泉大好きですよ。
この季節は露天風呂がたまらないですよね。
まだできたてのブログですが、気が向いたらまた遊びに来てくださいね。
ウキ。
2006.02.11 Sat 14:57 URL [ 編集 ]

(ウキッ>d( ・し・ )b - 温泉猿

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/に載っていたので、見にきてみました。私は温泉が大好きです。なので温泉猿にしてみました。ウキッ!
2006.02.11 Sat 14:47 URL [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/9-e3c06fff
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。