music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレビュー 07.02.09

Past (-07/2) / 2007.02.09
てことで、CDレビューもしばらくサボってましたね。
いろいろ買ってますので、簡単にレビューしておきます。
(渋谷のタワレコ、やはり最高です)

◆ Peven Everett: Power Soul (Neo Soul/House)
peveneverettpowersoul.jpg

デビュー当初はもろ深夜のネオソウルって感じだったんだが、
ずいぶんハウスに傾倒してきてるのね。
著名DJのヘビープレイになるくらい、良い曲が揃ってます。
あとはヘロヘロ気味な声を好きになれるかってところかな。

─ 評価:★★★★
まずは試聴を勧めます。


─ 試聴はこちらから


◆ Vitalic: Resume - Selected & Mixed By Citizen Crew (Dance)
vitalicresume.jpg

Vitalicって、ポップさを薄めたDuft Punkてかんじですね。
そんな彼らが、Mix CDを作りました。
キラーチューン連発で、いやがおうにも大バコ大盛り上がり!てかんじ。
元気のよい一枚です。

─ 評価:★★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Mary Anne Hobbs: Warrior Dubz (Grime/Dub Step)
maryannehobbswarriordubz.jpg

最近話題のUKアングラシーンにも目をやってみようと思い、購入。
GrimeとかDub Stepとかのコンピです。
いやいや、実にドープで面白い音をやっている。
ビートも凝っているし、音響処理も凝っているし、
なにより、エグさを含めた勢いを感じさせる。
すごく良いですね。新しい。

だが・・・ちょっと寂しいのはね、
最近のミュージシャンは、いろんな音楽の要素を取り入れて
ミクスチャーさせるのは上手なんだけど、
まったく新しい音や世界観を創出する能力に欠けてるんだよな。
今回のもDub×Hip Hop×Drum'n'Bass×Garageっていうことだと思うんだけど、
既存の何かを引っ張ってきてフュージョンしたら面白くなりましたみたいな、
お手軽感というか、あんまり考えてなさそうな若手ばかりで、
ちょっと、今後のクラブミュージックの行く末が心配だ。
音色・ビート一つから全く新しい音を作る気概を持ってほしいよなあ。
とくにアングラな人たちには。

─ 評価: ★★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Various: Day Dream Bleeper (Bleep House)
daydreambleeper.jpg

ブリープハウスのコンピです。
やっぱ、こういうのは、是も非もなくあがるよね。
日常のテンション調整に最適。
でかい箱で聴きたいもんです。

─ 評価: ★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Fatboy Slim: Fala Ai! (Brazilian House)
fatboyslimfalaai.jpg

持ち前のパーティー精神で、ブラジルぽいハウス音源を
アッパーにMIXしてくれました。
今聴いても勿論良いのだが、夏の暑い最中に聴くと最高!でしょう。
それまで大切に持っておきます。
忘れないようにしないと・・・

─ 評価: ★★★★

─ 試聴できるところは見つかりませんでした・・・


◆ 4hero: Play With The Changes (Nu Jazz)
4heroplaywiththechanges.jpg

呆れたね。
全然成長してないじゃないの。
もう歳か?
これじゃ大御所の名が泣くぜ。
これからは名前だけで売っておきな、てかんじ。

─ 評価: ★★

─ 試聴はこちらから


◆ Mario Biondi & The High Five Quintet: A Handful Of Soul (Club Jazz)
mariobiondiahandfulofsoul.jpg

4つ打ちのクラブジャズって、好きになれないんだよね。
なんかシーン自体がインテリ気取りで気持ち悪い上に、
かっちり固定されたビートのJazzなんて、
なんのスリルもスピリットも感じられないの。
だから、みんな騒いでたFive Corners Quintetなんかは、
俺にとっては問題外だった。
しかしだ。
なぜ、そんな俺が、Schema発のこのアルバムを買ったのか?
伸びのあるバリトンヴォーカルが朗々と歌い上げた瞬間、
死んだようなトラックが生き生きと輝きだしたからです。
エレガントでゴージャスな音が、ここにはあります。
よって、このアルバムだけは、評価します。
ぜひ、夜のドライブで聴きたい。

─ 評価: ★★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Bass Automator: Electromagnetic Waves (Miami Bass)
bassautomatorelectromagneticwaves.jpg

中古屋で250円で発見。
制作年が94年、名前が"Bass" Automatorでこのジャケならば、
俺の大好きなマイアミベースに違いない!
という判断で購入しました。
結果は、予想通りの下世話なBooty Shit。
最高にショボいビートと重低音に、愛おしさが募る。

─ 評価: ★★★
やっつけ仕事。そこも含めて好きなんだけど・・・

─ 試聴はこちらから


◆ Mic Jack Production: Universal Truth (Japanese Hip Hop)
micjackproductionuniversaltruth.jpg

過去にレビューしたEPがいまいちの出来だったんだけど、
まあいろんなところで話題になってるし、
買ってやろうかなあということで。
今回はなかなか面白いアルバムになっていました。
音楽的にもアゲるところから深いところまで、バラエティー豊かになったし、
各曲のメッセージの方向性も多彩。
ただ、MC陣個々のフロウ/リリックという面では、
まだまだBoss The MCのレベルには達していない、というのが本音。
(よく比較されて、本人達はイヤだろうけどさ)
ただ一人、Big Joeに関しては、ずば抜けて光っている。
他のメンバーとは2段くらい違うリズム感の黒さ。
彼は良いラッパーだ。
シーンで十分通用するかと言えば疑問だが・・・
言葉・フロウともに、もうひとひねり欲しいね。

─ 評価: ★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Big Joe: The Lost Dope (Japanese Hip Hop)
bigjoethelostdope.jpg

ということで、投獄中の彼のソロ作品も買ってきちゃいました。
獄中から作品が発表できるなんてね。
実はまだあまり聞き込めてないんだが、
しばらく楽しめそうな作品です。
でも、グループから離れて一人になった瞬間、
その輝きは幾分曇ったように感じた。

─ 評価: ★★★

─ 試聴できるところは見つかりませんでした・・・


◆ Ornette Coleman: The Shape Of Jazz To Come (Jazz)
ornettecolemantheshapeofjazztocome.jpg

なにをいまさらの名盤。
「フリージャズ」と聴いただけで尻込みしてしまう人も多いと思うが、
まあこの作品は、言うほど聴きづらいもんじゃありません。
どんどん刺激的になる時代の流れも踏まえると、
これくらいスリルある演奏のほうが、
今という時代にしっくり格好良いのでは。
良いアルバムです。

─ 評価: ★★★★

─ 試聴はこちらから


◆ Nino Josele: Paz (Jazz)
ninojoselepaz.jpg

フラメンコギターの奏法で、ジャズの名曲を紡いでいます。
その点では、非常に珍しいアルバムですね。
全体にしっとりとしており、
さわやかな昼下がりにうたた寝しながら聴けば気持ち良いでしょう。
良作です。

─ 評価: ★★★★

─ 試聴はこちらから


◆ 山崎まさよし: Blue Period (J-Pop)
yamazakimasayoshiblueperiod.jpg

山崎まさよしのベスト盤。
いまさらだけど、"One More Time, One More Chance"を
聴きたくてTSUTAYAしてきた。
蓋し名曲なり。
グッ&ほろりと来ました。

─ 評価: ★★★★★
("One More Time, One More Chance"に限ります)

─ 試聴はこちらから


それでは。
今週末は麻布YellowにてFrancois Kのライブ見てくる予定です!
masaくん、犬、Precious HallやJB’sでもやるようなので、
3人で札幌/名古屋/東京の3拠点制覇でもしてみないかい?

コメント

- O谷

TBHいよいよだね。
しばらく間あいてたもんね。
Mic Jack Productionがいまひとつだっただけに、ほんと期待してます。
Japanese Synchro Systemみたいにハズさないことを祈る・・・
2007.02.16 Fri 00:09 URL [ 編集 ]

- m@ano

タ○レコの友人曰く、TBHが3月にシングル5月にアルバム出るのは間違いないとのこと。
「Universal Truth」買って聞いた直後、『ん~TBHに期待。』となってしまいました。
2007.02.16 Fri 00:02 URL [ 編集 ]

- O谷

どうも。
JSS、社内便で送っておきます。
あまり期待しないようにな。
では、また東京に来たときには連絡をば。
2007.02.11 Sun 03:47 URL [ 編集 ]

- inu

元気そうで安心しました。
いきなり深いメール送ってこないように(笑)
東京うらやましいな。
一度は住んでみたい。まー今の会社だと無理だろうけど・・・
きみにはすごくあってるんでない?

まえ君が酷評してたjapanese synchro systemのCD貸して
今度はすぐ返すからーーー

ちかいうちにまた東京いくことになるとおもうんで
またあそびましょう
2007.02.11 Sun 01:33 URL [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/71-442ff57e

IN MY ELEMENT/ロバート・グラスパー(輸

ヒップホップ世代のジャズ・ミュージシャン、ロバート・グラスパーのブルーノート第2弾アルバム。ヒップホップやクラブ・ミュージックの要素を取り入れながら、完成度の高いJAZZを聴かせてくれるアルバム 収録曲G&B G&BOf Dreams To ComeF.T.B.Y’Outta Praise Him Intr...
ジャズの1日 2007.09.13 Thu 18:42

ニュー・シネマ・パラダイス

若手実力派トランペッターのブルーノート移籍第1弾!世界最高峰の実力とセンスを持つ、イタリアを代表するイケメン若手トランペッター!イタリアで大人気のハイ・ファイブ・クインテットの主要メンバーとして活躍し、ソロでも高い評価を得ている若手実力派トランペッター、
ジャズの極意 2007.08.21 Tue 17:58

50% OFF セールやってます。

全商品画像付で販売中
レコードの通販 2007.02.18 Sun 13:08
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。