music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレビュー 06.12.23

Past (-07/2) / 2006.12.23
今日、クルマに乗ろうと思って駐車場に行ってみたら、
ボンネットに猫の足跡がベタベタとついていました。

あー!やられたー!目立つところに傷つけられちゃったかなあ、チッ・・・

とか一人ごちたのだけど、しばらく眺めてみるとね・・・
ネコの足跡がついたクルマって、けっこうかわいいのな。
ということで、ちょっと気に入っちゃって、しばらくこのままにしとくことにしました。
きっとツルツルしてて乗っかってみたかったんだね。
CA330006.jpg

CA330007.jpg


そうそう。
忙しさにかまけて全然CDレビュー書けてないので、一言コメントだけ載せときます。

◆Frank McComb: The Truth Vol.2 (Soul)
Steve HarveyとFrank McCombのコラボレーション。
本人非公認音源ながら、これが良くないはずがない。
ダニーハザウェイの再来?
そのとおり。
決して言い過ぎではない大傑作。

◆Frank McComb: Straight From The Vault (Soul)
インディー発の自家録音。
ベース等ややチープながら、やはり傑作!
こちらのほうがややしっとりした仕上がりかな。
上記とあわせた2枚は、今月のヘビープレイです。

◆Deitrick Haddon: 7 Days (R&B/Gospel)
Tim & Bobが全面的にプロデュース。
Bobby Valentinoの1st発売から時間が絶っており、彼の音に飢えていたところだ。
ゴスペルといってなめてかかってはいけない。
超クオリティー高く、ドツボ。
やばい。

◆Tyrese: Alter Ego (R&B)
彼は歌手なのだ。
役者ではなく、歌手が本業なのだ。
良いアルバムだ。
The Underdogs、やはり最高です。
R&B好きの心を舐めまわし、婦女の心も鷲掴む。

◆Brian McKnight: Ten (R&B)
大御所ならではの安定した良作。
流石のポップセンスと本物感。
今後若さを保てるかちょっと心配だが・・・

◆Louie Vega: Mix The Vibe (House)
休日は、これに合わせて踊りたい。
アッパーな1枚目と、スムースな2枚目。
ハウスを知らないなら、まずはこのミックスアルバムを手に取ってほしい。

◆DJ Hell: Misch Masch (Techno)
デトロイトへの愛情と、ジャーマンなロック感。
ゴリッとテクノタイムを満喫すべし。
店頭で売り文句になっているPuff Daddyのリミックスは、
実は収録されていないので注意。

◆Ryan Kisor: One Finger Snap - Incredible Ryan (Jazz)
トランペットのカルテット。
やや大味ながら、おおらかで勢いのあるバップを聴かせてくれる。

以上。
上記の作品をはじめ、最近の黒人歌モノは本当に素晴らしいものが多い。
外は寒いけど、こんなアルバムをたずさえ、しっとりと冬を過ごしたいものですね。

それでは。
Merry Christmas!

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/66-e19a7bfc
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。