music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fiat 500

クルマ / 2008.03.16
Fiat 500が日本に導入されました。
080316fiat500.jpg
欧州では大変な人気で、カー・オブ・ザ・イヤーなんかも受賞したようですね。
あちらの方々としては、このブランドへの強い思い入れもあるのでしょう。
実際、旧型の特徴である要素を多数キャリーオーバーしつつ、
現代性も十分に仕上げてきたデザイン手腕は巧みで素晴らしいと思います。
特にオプションのホイールデザインなんかは、柔らかいノリで冒険していますよね。
今となっては目新しいコンセプトではありませんが、こういった温故知新は大賛成です。

一方、軽自動車を始めとして、小型車の高いパフォーマンスを身近に実感している日本市場で、
どれだけ売れるかが見物でもあります。
軽自動車プラスαのディメンジョン、1,000kgオーバーの車重で69PS/10.4kg・m。
10・15燃費は15.6km/L、当然ハイオク仕様。
軽に対しては税制面でのビハインドもありますし、機構面でも特段の売り文句はないようです。
それでいて、225万円から、という価格なわけです。
要は、このクルマのキモはデザインとブランドだけであり、
その2つのプレミアで、その他すべての要素をカバーしようとしているわけですね。
ここからは私見ですが、
デザインに関しては、何度眺めてもピカチュウを想起してしまう外観の可愛らしさは強烈ながら、
質感や目新しさも含めて他に特筆すべきものはない、
またブランド力についても、BMW製に置換される直前まで販売が継続されていたMiniと違い、
長いこと少数のオールドカーが走っていただけの500は、馴染みがなく弱いと想像します。
すると必然的に、よくできた日本車を差し置いて、わざわざこいつを選択する人が多くいるか、
というと、ぼくは、否と思うのです。

それにしても、あまり誰も指摘していないようですが、
RRだった旧型のデザインを受け継ぐのは良いのだけど、
FF車としてはフロントの開口面積があまりにも小さく、
高温多湿の日本で冷却性能は充分なのだろうか、という疑りが拭えません。
ディーラーの数を考えると、不調時のサポート体制にも不安を感じますし、
ただ可愛いからというだけで買うことは、ちょっとおすすめしかねるところです。

FiatジャパンHP
Fiat 500 スペシャルサイト

こちらは旧型。
キュートネスとは違う愛嬌があります。
080316fiat500old.jpg

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/187-b319fca1
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。