music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱 Lancer Prototype-S

クルマ / 2008.03.04
三菱 Lancer Prototype-S。
今日から開催されるジュネーブモーターショーにて、ワールドプレミア。
080304lancerprototypes2.jpg

080304lancerprototypes4.jpg

080304lancerprototypes1.jpg
なかなか良いですよね。
ランエボXは、逆スラントノーズ・大きく開いた口・フードのダクト等、好戦的かつスパルタンな顔つきがそそるのですが、個人的には、そういったフロントに比べて、リヤは微妙に腰高で間延びした印象を持っているのですね。その点、こちらのハッチバックには、フロントに負けない塊感や意匠性を感じます。フロントのオーバーハングの長さを考えると、不格好な長靴型になってしまいがちなところですが、写真で見る限り、そこも上手く処理されているようです。出力面(240PS)ではエボXに一歩譲りつつも、ツインクラッチAT&AWDという組み合わせは踏襲される模様でして、これが250万円程度で発売されれば、スポーツハッチを検討する際には、かなり魅力的な選択肢となりそうです。

ところで、リヤのスタイルについて難癖をつける格好になってしまいましたが、ランエボが、好きです。日本車ならではの良心というか、不要なプレミアムを削いだ、ストリートに根ざしたスポーツカー、という意味で、たいへん夢のあるクルマだと思います。ホイールの隙間から覗く赤いブレンボとか、無塗装の樹脂パーツとか、ああいったガンダム的な無骨さも良いですね。新型のGT-Rなども、やはり、アニメとゲームの国ならではの素晴らしいデザイン(見た目以外も含めて)だと思うのですが、その購入価格や維持費を考えると、ぼくの収入レベルでは、少し敷居が高すぎるのですね。一線を越えてしまった、という印象です。その点、ランエボなら、ちょっと頑張れば買える、という現実感があるわけで、事実、ぼくのMINIと同等の値段で満足のいく仕様が購入できますし、いやが上にも、いろいろと妄想してしまいます。

Lancer Prototype-S 公式プレスリリース
【ジュネーブモーターショー08】プロトタイプSを世界初公開 ギャランの5ドアHB版|Response.
三菱自動車『Lancer Prototype S』:Nihon Car .com
Lancer Evolution X 公式HP

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/182-273040b2
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。