music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレビュー 06.03.05

Past (-07/2) / 2006.03.05
昨日は最高の天気だったので、ドライブがてら知多半島の温泉に行ってきました。
新見南吉のふるさとだそうで、「ごんぎつねの湯」。
中部国際空港のすぐ近くです。
http://m-horioka.hp.infoseek.co.jp/sub4.sub1.3.htm

それにしてもいい湯だった~!
日本庭園のような和みの露天、湯を舐めてみると、海水に近しい塩辛さ。
帰り道、最近は暖かくなってきたとはいえ、この季節の夕方過ぎに車の屋根を開けて1時間以上へいっちゃらで走っていられるってことは、よっぽど冷めにくい泉質なんでしょう。
なんだか体中スルスルする気もします。

では、先回のレビューの続き3枚。
この前はJoe氏のおかげで途中で力尽きてしまったからな。

◆ Ne-Yo: In My Own Words (R&B)
20060301142631.jpg

DefJam発、23歳のシンガーソングライターのデビュー作。読み方は「に~よう」で良いんでしょうか。
LAリードが認めたのかどうか知らんが、素晴らしいソングライターということで売り出されていた。

メインストリームのR&Bということでは、昨年あたりまでは南部ノリでフロウ一発的なものが幅を利かせていたように思うけど、最近になってメロディ回帰の風潮も感じる。喜ばしい限り。
ただ躍らせるだけなら、もっと自由に個性やグルーブを発揮できるヒップホップを聞いたほうがいいもんね。Kanye Westブレイク以降のサンプリングの使い方も、有機的で香ばしい。

で、このアルバム、良くも悪くも粒揃い、て印象。最近のR&Bフォーマットに則していることもあって、さらりと聞かせるBGM感が先に立ってしまっており、聞き込むに堪え得るほどの深みはない。
曲自体も良いのだけど、このレベルで「最高のソングライター誕生!」的に大騒ぎするとは、最近のシーンはレベルが低いんじゃないのか?
あ、でもフォローじゃないけど、少なくとも良いアルバムであることに間違いはないですよ。
期待ほどではなかった、てこと。

○甘酸なメロディ&普段聞いて気持ち良い曲調(昼・夜兼用)
×(個人的に)ちょっと甘すぎ&瑞々しすぎる声質

ということで、総合的には70点。
ちょくちょく聞く1枚になりそうです。


◆ Jaheim: Ghetto Classics (Soul/R&B)
20060301142607.jpg

この人、2ndまでは今ひとつピンとこなかったんだけど、すべてはプロダクションのせいだったんだな。本人のせいじゃない。この3rdを聞いてわかった。
今回はまじでやられました。

1. 60-70年代のソウルの旨み
2. 爽やかで壮大でメロディアスなプロダクション(サンプリングセンスも◎)
3. 太く熱くシルキーなヴォーカル

この相乗効果。
ナウいアートワークに惑わされちゃいけない。亡きLuther Vandross直系のリアルソウルな歌い手。アルバム名どおり、全体的に漂う雰囲気も「ストリート」というよりは「ゲットー」なのですな。
捨て曲一切なしの、本当に良いアルバムに仕上がっている。末永く愛聴できるはず。

以上。他に何も言うことはありません。
2006年の名盤のひとつに決定。


◆ Jimmy Edgar: Color Strip (Electro/Electronica)
20060301142618.jpg

ぷれたぽるてな伊達男風の出で立ち、「兼服飾デザイナー」というプロフィールも納得なのだけど、WARP発のアルバムの中身は・・・コシの強いドス黒デトロイトファンクでした!
こういう出自のミュージシャンは、たいてい信用できない(偏見)のですが、ここまで黒いの作られると、グウの音も出ません。
初期Timbalandを3倍スペイシーにしたビートや、80'sエレクトロのゲスなすごみを再現したビート達。
とはいえ、全編に渡る洗練度高めの雰囲気は、さすが本職。ゲットーファンクも、インテリ風に少々捻った解釈でおしゃれに聞かせる。テンションコードを多用した音選び、エレクトロニカな音象の賜物でしょうか。
好盤です。


尚、今回はアナログ12inchも3枚買いました。レコード買うのは久しぶり!

・John Legend: Ordinary People
・Avila Brothers: I Want You
・Ne-Yo: So Sick

・・・上でNe-Yoのことアレだけ言っておいて、結局シングルまで買ってんのかよ、という寒い自己批判はさておき。
こういうDJ向けのR&Bやヒップホップのレコードってね、普通のバージョンの他に、カラオケとアカペラ(歌だけ抽出)が入ってることも多いんですが、僕は曲を作るので、リミックス用にもっぱらアカペラ目当てでレコードを買ったりするわけです。
ということで、今はJohn Legendを再構築中。味わい深く爽やかなソウルに仕立ててみようと思ってます。
出来上がったら公開しますので、どうぞ聞いてやってくださいね。

では。

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/17-5ee8ec4e
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。