music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boyz II Men: 白い恋人達 [R&B]

R&B/Hip Hop / 2008.02.13
K-Ci & JoJoのJ-Popカバーアルバムが出るようです。
まるでマーケティング臭しか感じられない企画であります。
こうした作品は、アーティストのモチベーション等に想いを馳せると、
決して一音楽ファンとして喜べる代物ではないのですが、
まあ、最もコアな部類のソウルシンガーである彼らが日本の歌謡曲をどう歌いこなすのか、
といったことには興味がありますので、
本作については、ネタ半分として自分を納得させつつ、買ってみるつもりです。
それにしても彼ら、GeffenやMCA, Universalといった超有名レーベルから、
全米No.1シングル/アルバムを連投していたアーティストなわけです。
Jodeci時代も含めて、あれだけチヤホヤされたにもかかわらず、
本当に、仕事を選ばないといいますか、なりふり構わないのですね。
熱くしょっぱい歌唱を売り物とするシンガーにとって、
昨今のシーンは厳冬期とも呼べる状態であることはよく承知していますが、
あろうことか今や、かろうじてK-Ciのみ、細々とインディーで食っているという惨状。
加えて、今回のJ-Poppin'です。
2000年前後のK-Ci & JoJo黄金期からは想像もつかない状況です。
周囲からどう見られても構わない、自分のスタイルあるのみ、という歌バカの姿勢は、
良く言えば不器用な職人肌として尊敬に値するのですが、
仮にも、ぼくがR&Bに開眼する道しるべとなった、思い入れのあるアーティストですから、
こうした動きについては、なんだかすこし、思うところもあるのですよね。

・・・などということをぼんやりと考えていたところ、
Boyz II MenもJ-Popのカバーアルバムをリリースしていたことを思い出しました。
彼らもまた、K-Ci & JoJoとは毛色が異なるものの、
繊細な節回しの美メロを得意とする日本人好みのアーティストですよね。
なぜわざわざBoyz II Menなのかといいますと、
ぼくの大好きな、桑田佳祐の「白い恋人達」が、
英詞ではありますが、カバーされていたからなのです。
シンセ感溢れるピアノや打ち込みのギター、チープなドラム等で構成された
スカスカなアレンジが微妙に貧乏くさいのですが、
ゆったりとシャッフルするクリスマスらしい仕上がりでして、
オリジナルとは全く違った、それでいてオリジナルに匹敵するほど、
素敵な曲として生まれ変わっています。


こちらが原曲。
札幌人なら嫌いなはずがないのです。
ちなみに、桑田佳祐は、日本人として数少ない、大好きなシンガーです。


蛇足ですが、この曲が世に出たのは、2001年の秋。
小雪降る中、残り少ない札幌生活を舐めまわすように回想しながら、
停めた車中でひとり熱唱したものでした。
もともとぼくは、幼い頃からノスタルジアに没頭する傾向がありました。
「あんなーこーとー、こんなーこーとー」という歌(名称は忘れました)を
幼稚園の卒園練習で歌っていた頃から、懐古に夢中だったと記憶しています。
年をとるにつれ、そういうのは体に良くないことが判ってきたので、最近でこそ乾きましたが、
あれはたいそう、周囲の人を困惑させたのではないかと思います。
迷惑なことですね。

以上、季節外れで失礼しました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/168-11440d1e
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。