music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷路で俺は一度死んだ

雑記 / 2007.08.25
5年前 この目抜き通りの入口に立った
この迷路じゃ一番大きなアベニューだ
華やかな石畳が有名で
栄光の朝陽が眩しかった

俺はこの立派な道の先にこそ出口があると信じて
胸を張って毎日歩いた
ひたすら早足で歩いた
なだらかに見えてゴツゴツした石畳もお気に入りだった
出口はずうっと遠くだが
なんとかやっていけるかな
今はまだ見えないが
最後に笑うのは俺さ

で 最近の俺はと言えば
あいかわらず
見慣れたこの通りをウロウロしてる
大丈夫 この道を外れなければ安心
大丈夫
でも 歩いてるうちにすっかり疲れてしまったよ
疲れては休み
休んでは歩き
どうやらこの石畳は脚に辛いようだ
出口は思ったより粗末だという噂も聞いた
ここらの連中もやつれた顔をしてるじゃないか

生きるために歩くのか
歩くために生きるのか
しがみついて
悶々として
気が付くと日は暮れていた
暗くて出口はもう見つからない
道中 金やモノは手に入れたが
お気に入りの音楽も
俺のスタイルも
最愛の女性も
どっかへやってしまった
もう充分
いっそこのまま消えてしまいたいと


でも


よくよく見てみると
横にはいろんな小道が伸びていたわけで

あそこの花がきれいだ
あっちには素敵なカフェもある
こっちにもあっちにも
そんなところにも道があったなんて!

俺は盲目だった
前しか見ようとしなかった
勇気を出して、
例の目抜き通りから一歩踏み出してみたらば、
そこには、なんと、新しい世界が平凡にある。
そうか!
また明るい朝陽を見られるのか!

辛いことはずっと続くし、
人の命は一回きりだけど、
生きてる限り何度でも朝を迎えられる。
迷路の出口はどの道にも必ず最後にあるもので、
それが死ってやつだ。

…ああ、わかったよ。
これが人生のステップなんだな。

--

東京での仕事をしばらく中断して、札幌に戻ります。
今日の深夜のフェリーで、札幌に戻ります。
お気に入りの小道をピックアップして、
一番気に入った方向に舵を切る作業にかかります。
意地や虚栄や苦悩は捨てて、
わがままに、思うままに。
楽しい人生が待ってると信じてる。

死の窮地を救ってくれた皆さん。
生涯の恋人、家族、友人。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。
僕は盲目だった。
愛する人に愛されていることを、痛感した。
愛する人に愛されて、目が覚めた。
この恩はずっと忘れません。
どうか、皆、それぞれが、幸せでありますように。

コメント

- inu

おう!

適当に(適度に)燃えろ

            一茶
2007.08.26 Sun 01:49 URL [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
> http://mlr.blog48.fc2.com/tb.php/138-1928764b
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。