music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

2008年04月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の幕引

雑記 / 2008.04.19
出張先の森の中に、小柄な人体がぶらさがっておりました。
白い髪の、みすぼらしい男性でした。
死後しばらく経っていたようでしたが、不思議と嫌な気分はしませんでした。

老人は、生まれつき老人だったわけでなく、
無垢な少年時代も、恋した青年時代も、脇目ふらず生きた時代も、あったはずです。
喜も怒も哀も楽も、経験したはずです。
老人は、長い長い人生劇に、主体的に幕を引いたのです。
ここにきて一息ついたなら、もういいやと思ったなら、悲しむ者も居ないなら、
少なくともぼくにはそう見えましたが―
こんな終わり方があっても良いのかもしれない。

お疲れさまでしたと思い、しんみりして、自然に掌が合わさりました。
スポンサーサイト

Perfume: Game [J-Pop]

Japanese / 2008.04.17
Perfumeの新作アルバムを買ってきました。
080416perfume.jpg
ぼくは、日本人アーティストがつける英題の、
大文字と小文字とカタカナとナカポチ有無の細やかな使いわけが大好きです。
そして、それらを忠実に再現した上で、われ先にと得意げにCDDBにアップロードする
熱心な男子も大好きです。
細かいことへのこだわりは、日本人ならではの美徳であると思いますし、
このような文法的正否をものともしない洒落た工夫は、
英語圏の国々に住む無粋な人々は、まずしませんよね。
そのこだわりぶりが、ナイーヴな思春期を懐古させ、いやがうえにも頬が染まるのです。

さて、われらがパフームです。
インターネットで調べてみたところ、これは「テクノ」という音楽だそうですね。
恥ずかしながら、知りませんでした。
とすると、
エレクトロ+乙女ハウス+アニメ声=「テクノ」
というのが、「テクノ」の定義ということになりそうです。
音楽ファンを自称するのであれば、しっかりと覚えておかねばなりませんね。
以前、パフームを絶賛する感想を書きましたが、
こうした本格派テクノグループが大人気である状況を見るにつけ、
日本の音楽界も捨てたものじゃないのだなあと実感します。
間違ってDVD付の初回限定版(\3,300)を買ってしまったことも含めて、良かった。

以下、パフームが如何に凄いか?Wikipediaより引用します。
--
アイドルファンはもちろん、クラブ系テクノを好む層やロックファンからも評価が高く、また女性アイドルとしては珍しく女性ファンも増加している[28][29]。さらに様々な著名人(特に現役ミュージシャン)もPerfume のファンを公言しており、これは近年のアイドルには見られなかった現象である(以下具体例)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Perfume
--
すごい!さすが、われらがパフームです。
プロのミュージさんや著名人もファンとのこと、お墨付きを得てはなはだ心強い限りです。
クラブ系テクノを好む層からも高評価って、ツウ好みということですよね!
しかしながら、はて、「クラブ系テクノ」とは、テクノとは違うのでしょうか?
ぼくにはまるで想像がつきませんが、さぞかしファッショナブルなダンス音楽なんでしょうね。
トレンディな洋服を身にまとった若者が、活き活きとダンスする姿が目に浮かびます。

※この記事は皮と肉でできています。

Gregory Roller Duffle 70

雑記 / 2008.04.16
080416gregory1.jpg
帰省に際して、6年間使ってきた帆布のダッフルバッグは、小さかったのです。
衣類がコンパクトな時期はまだ良いですが、
冬、特に復路などは、おみやげなどを無理矢理詰めたあげくパンパンになってしまい、
あるいは収まりきらず、極めてかっこう悪い。
また、手提げですので、札幌で購入したCDなどを入れて帰ってくると、
翌日の肩の筋肉痛は避けられない状況でありました。
MacBookを持ち歩くようになってからは、特に顕著でしたね。

そんな中、このたび、GREGORYのローラーダッフルを購入しました。
予想以上にでかいですが、ルックスに加えて機能性や造りも申し分なく。
おっくうだった移動を楽しみに待っている昨今です。

Gregory Roller Duffle

ゴールデンウィークの帰省予定

雑記 / 2008.04.08
080408sapporocalls2.jpg
今年はちょっと早め。
4月26日(土)から29日(火)まで帰省予定です。
みなさん、ご都合いかがでしょうか?

音楽観賞用Tシャツ

Others / 2008.04.03
BODY & SOULのことを思うと、思わず踊り出したくなりまして、
クラブやイベントに遊びに行くときのために、Tシャツを3枚購入してしまいました。

080403T3.jpg
朝メガ・昼メガ・夜メガではありませんよ。

<左> by GENEVEtokyo
写真ではほとんど見えませんが、白抜きの細文字で"PEACE FINDER"とタイプされています。
PEACE FINDERです。
ハウスのパーティにぴったりなメッセージだと思いませんか?
淡いピンクが初夏の風に似合う爽やかな印象ですし、
BODY & SOULにはこれを着ていきたいですね。
背面上部には、左胸のクローバーと同色のハートマークが4つ並んでいます。

<中> by AMERICAN RAG CIE
これも見えづらいですね。
グレー~ホワイトのグラデーションで、
"DOWN THE HALLS AND INTO THE JUKE JOINT, ALL DAY WANTIN' TO DANCE"。
「廊下を下って酒場に入ると、一日中踊っていたくなるぜ」というくらいでしょうか。
クラブ遊びにぴったりではないですか。
背面は無地。

<右> by BEBOP
でかいスピーカーです。
テクノ用。
こちらも背面は無地。

踊っていると、すぐ汗まみれになって、服が汚れてしまうのですよね。
酒をこぼしたり、たばこの火に当たってしまったりといったこともしばしば。
そんなわけで、ふだん気に入っている服を着ていくのも気が引ける、ということで、
今回の購入に至りました。
もちろん普段使いもアリですし、末永く愛用したいものです。
ちなみに、写真の人物はぼくではありませんので、悪しからず。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。