music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

2007年05月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tha Blue Herb再来

Japanese / 2007.05.22
5年ぶりのアルバムを買ってきました。
こんなに待っていた作品は、他にありません。
誤解無きようじっくりと聴き込み、後日改めてレビューします。
スポンサーサイト

肉体と魂

Club/Electronic / 2007.05.22
土曜日の夜から日曜日にかけて、犬が遊びにきてました。
目的はこれ、Body & Soul
まじで楽しかった!ということで、簡単に報告です。

20070521230134.jpg

会場に着いたのは11時半くらいかな?
見てのとおり今回は、お台場フジテレビ前での屋外ライブだったんです。
まだ早いので、人も少なくノビノビ。

070520DJs.jpg

DJは、Joe Claussell, Danny Krivit, Francois Kのお三方。
まあBody & Soulですから、言うまでもありませんね。
ブースでは、こうして3人仲良く交代でスピンしてました。

20070521230215.jpg

会場はこんなかんじ。
セットはなんだか、小学校の運動会みたいな素朴なものでしたね。
澄みきった快晴、気持ちよい潮風とあいまって、ピースフルな空気が漂います。

さて、こんな中で、踊りまくったわけです。
空気が良いから疲れない。
屋外だから音が籠ることもなく、ズバッと気持ちよく腹に響く。
3人のプレイのコントラストが長時間飽きさせないし、
なにより、初夏の日差しと風が気持ちいい。
足腰はヘトヘトなんだけど、休む気にならないわけ。

それにしても、本当に良いイベントだと実感しましたね。
DJsのプレイは当然良かったのだけど、なにより素晴らしかったのは、
フレンドシップ溢れるクラウド!
笑顔を向ければ、笑顔が返ってくる。
手を差し出せば、手がすっと出てくる。
「楽しいねー」「おーまじで楽しいねー」
そして握手、抱擁。
↓こんな調子いいじいさんも目立ってましたね。
カクカクと絶妙な踊りを見せてもらいました。
20070521230229.jpg

その場限りのハピネスを共有する、その場限りの友達。
そんなのもいいもんです。
脚がガチガチになるまで踊り尽くしました。

20070521230242.jpg

20070521230256.jpg

時は移ろい、夕陽から月へ。
ぼんやりと明るい夜空と、ゆったりと踊るライトに包まれて、
ステップは止まらないまま、幸せな気持ちは収束を知らないまま、
夜8時を回ったところで、感動的なエンディングを迎えました。
ああ、まじで最高の一日だった。
行って良かった。
9時間で9杯の酒を飲んだけど、結局一度もトイレに行くことはなく、
すべて汗として発散した。
体中が痛い・・・日焼け跡が熱い・・・
幸せとはこういうことを言うんでしょうね。

クラブイエローの陽気なクルー
ヨーキーを連れた夫婦
ジャンベを抱えたグルーブマスター
テナーマンとブレイクダンサー
くそファンキーなエロじじい
Mr.ピンクのサングラスとその仲間達
肩をたたいて笑い合った多くの見知らぬ人達
抱き合って歓びを共有した多くの見知らぬ人達
外人
ホモ
すべてのスタッフ

ありがとう。
元気をもらいました。

>犬
ソバ旨かったな。
また遊ぼうな。

名人

雑記 / 2007.05.17
こんな普通の人になっちゃったかと思うと、ちょっとキュッとなります。
でもごくごく内輪ノリで、なんだか暖かいですね。
「ども、名人です」笑

高橋名人公式BLOG「16連射のつぶやき」

Jaheimのリミックス完成しました!

雑記 / 2007.05.13
Jaheimの"Everytime I Think About Her"のリミックスです。
まずは聴いてみてください!
下のリンクから、パスワード「1234」と入力してダウンロードしてください。
携帯の方は聴けませんので悪しからず・・・

1. 原曲

2. アカペラ(Jadakissのラップは削られてます)

3. これに僕がバッキングを被せました

・・・どうですか?
ループ素材は使わず、すべて手弾きor打ち込みです。
それにしてもこの人、良い声してますよね。
まさにLuther Vandrossの正統な後継者。
こういう声には、KeyGeeのようなソウルフルなアレンジが似合うのですが、
坦々とした大平原のような原曲とは対照的に、
ちょっとしっとり、ドラマティックに仕上げてみました。
総制作時間20時間ほどなので、マスタリング等ちょっと手抜きな面もあるけど、
どうかしら・・・
感想キボンヌ(死語)

リリックはこちら

※Live & Reasonで製作中の画面
Live & Reason

Jaheimのリミックス作成中

R&B/Hip Hop / 2007.05.13
先日渋谷のTower Recordsで見つけた、
Jaheim "Everytime I Think About Her"のシングル収録アカペラを使って、
リミックスを作成しました。
まだマスタリングレベルでの作業が残ってるので、それが終わり次第、
mp3かなにかでアップしますね。
ぜひ試聴あれ。

ここ数年、作業が面倒くさくて、本格的な音楽作りからは遠ざかっていたんだけど、
今回はパパッと1週間くらいで出来ちゃった。
それもこれも、昨年末導入した、Mac OS X + Ableton Live 6 + Propellerhead Reason 3
という新しい制作環境のおかげです。
Studio.jpg

以前の、Windows XP + Steinberg Cubase 2 + Native Instrument Kontakt 1
という組み合わせは、機能上は良いのですが、操作性や直感性がいま一つだったため、
曲想を練る段階やアイディアフラッシュ時に頭の中で鳴っている音を実際に打ち込む際、
その作業が煩わしくて、インスピレーションが削がれてしまうことが多々あったんです。
これって、作曲のような直感が頼りのモノ作りにおいては、非常に致命的なことなんですね。
一方で、今回の環境では、全くストレスなくスムーズに没頭できました。
各アプリケーションとも、今回初めて弄ったのですが、素晴らしく取っ付きやすく、
使いやすく、それでいてかなり高いクオリティで作り込める。
DTMやる方、または興味のある方、まじでこの組み合わせはおすすめですよ。
特に、Ableton Liveについては、従来のDAWとは全く異なるシンプルなUIにより、
クリエイティビティを削がないどころか助長さえしてくれる、
非常に優れたユーザビリティを実現しています。
Opcode Studio Vision - Emagic Logic - Steinberg Cubase - Ableton Liveと
次々にシーケンサーを乗り換えてきた私が言うのだから、間違いありません。

そうそう、話は変わりますが、Bobby Valentinoの新アルバムが発売されましたね。
Special Occasion Special Occasion
Bobby Valentino (2007/05/08)
Universal/Mercury
この商品の詳細を見る

前作は2005年の名だたるR&B作品群でもピカイチの出来映えだったので、期待してました。
今回もやはり、素晴らしい完成度です。
おなじみTim & Bobに加え、今回はTimbaland等、
多様なプロデューサーとコラボレイションしています。
特にTimbalandについて、最近の彼のトラックは、トランスの影響を受けたと思われる
疾走感あるスペイシーな曲調が多いのですが、
これがBobbyのアルバムの浮遊感あるロマンティックな世界観にドンピシャでハマってます。
現在進行形の良質なR&B作品。
2007年のR&Bアルバムベスト5には必ず入選することでしょう。
必聴です。

ゴールデンウィークですね

雑記 / 2007.05.04
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
楽しんでますか?
こちら東京はすっかり暑くなりまして、連日25度を超えています。
自室がある寮は、ほとんどの人が帰省かなにかで出払ってるらしく、
ガランとした空虚な空気が漂っています。
一足早く帰省を済ましてしまった僕としては、することが無くとても退屈。
ちょっと寂しい毎日です。

さて、そんな今日、家の近くを歩いておりますと、
このようなTシャツを着た奇特な女子に出くわしました(隠し撮り)。
doM.jpg

「ドエム」。

見かけは普通の地味なお姉さんなので、余計に驚きました。
一瞬なにかの罰ゲームかとも思いましたが、どうも周辺に人の姿は見当たらず、
間違いなく自らの意思で着てらっしゃるようです。
・・・なかなか理解に苦しむところではありますが、
世の中数多のドエスな男性へのアッピールなのでしょうか。
「周囲から変人として見られることを楽しみたい」というマゾヒズティックな願望が、
理性を超越して噴出してしまった結果なのかもしれません。
なんにせよ、これはもう、大したドエムです。大したもんであります。
なにを隠そう私も、若干のマゾ的資質を自覚しておりますが、
とてもそこまでの自信と勇気はありません。

タイトル画像変更

雑記 / 2007.05.01
GWの良き思い出を記念して、無断転用しました。
プレシャスへのリスペクトを込めたサンプリングと受け取ってください。
どなた様も、くれぐれもチクったりしないように。
そのうち元に戻します。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。