music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

2006年12月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん良いお年を!

雑記 / 2006.12.28
どうも。
おそらく、2006年最後の更新になります。

みなさん、今年はどんな年でしたか?
良い年でしたか?
なにか変わったことはあった?
幸せに過ごせた?

こちらはといえば、名古屋への転勤や、札幌での療養生活等ありましたが、
おかげさまで、まあまあフラットな、
やんごとない一年を過ごせたかなあと思っています。
そして本日、東京への転居の準備も終えたので、
あとは、明日帰省するのが、今年の唯一の残務となりました。
引越作業は、新年1月6~7日の予定。
5日の深夜に名古屋に戻ってくるので、
豊田~名古屋と5年間過ごした愛知県での生活も、今日で最後というわけです。
なんだか全く、実感が湧いてこないのですが・・・

ま、とにかく、残り少ない本年、存分に満喫したいものですね。
それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。

20061228230219.jpg

いまお気に入りのぬいぐるみ(自ら購入)
スポンサーサイト

クリスマスイブが明けましたね

雑記 / 2006.12.25
今年は昼間から犬と買い物。
クリスマスイブかつ日曜日の町中は、カップルだらけでした。
栄のティファニーの前を通りかかったのだけど、中は大にぎわい。
きっと指輪とか選んでるんだろうなあ・・・
ま、そんなのも、恋人が近くにいるからこそできることですよ。
犬もまあ例外じゃないけど、都合があって会えないようで、
今日はいまいちクリスマスイブという実感が湧かないわたしに
付き合ってくれたわけなんです。
夜も男ふたりでチキンを喰らうなどしちゃいまして、
これを寂びと言わずしてなんと言いましょう。

さておき。
引越しの準備が進んでおります。
僕の部屋、モノが多そうに見えて、実は少ないんだなあと、思いましたね。
たいしたことはしていないのに、いつのまにか荷造り完了しちゃいそうな勢い。
CA330003.jpg


あー、めんどくさいことさっさと片つけて、早く札幌に帰りてー。
毎年クリスマスがくるたびに、雪がある街っていいよなあと思う私でした。

CDレビュー 06.12.23

Past (-07/2) / 2006.12.23
今日、クルマに乗ろうと思って駐車場に行ってみたら、
ボンネットに猫の足跡がベタベタとついていました。

あー!やられたー!目立つところに傷つけられちゃったかなあ、チッ・・・

とか一人ごちたのだけど、しばらく眺めてみるとね・・・
ネコの足跡がついたクルマって、けっこうかわいいのな。
ということで、ちょっと気に入っちゃって、しばらくこのままにしとくことにしました。
きっとツルツルしてて乗っかってみたかったんだね。
CA330006.jpg

CA330007.jpg


そうそう。
忙しさにかまけて全然CDレビュー書けてないので、一言コメントだけ載せときます。

◆Frank McComb: The Truth Vol.2 (Soul)
Steve HarveyとFrank McCombのコラボレーション。
本人非公認音源ながら、これが良くないはずがない。
ダニーハザウェイの再来?
そのとおり。
決して言い過ぎではない大傑作。

◆Frank McComb: Straight From The Vault (Soul)
インディー発の自家録音。
ベース等ややチープながら、やはり傑作!
こちらのほうがややしっとりした仕上がりかな。
上記とあわせた2枚は、今月のヘビープレイです。

◆Deitrick Haddon: 7 Days (R&B/Gospel)
Tim & Bobが全面的にプロデュース。
Bobby Valentinoの1st発売から時間が絶っており、彼の音に飢えていたところだ。
ゴスペルといってなめてかかってはいけない。
超クオリティー高く、ドツボ。
やばい。

◆Tyrese: Alter Ego (R&B)
彼は歌手なのだ。
役者ではなく、歌手が本業なのだ。
良いアルバムだ。
The Underdogs、やはり最高です。
R&B好きの心を舐めまわし、婦女の心も鷲掴む。

◆Brian McKnight: Ten (R&B)
大御所ならではの安定した良作。
流石のポップセンスと本物感。
今後若さを保てるかちょっと心配だが・・・

◆Louie Vega: Mix The Vibe (House)
休日は、これに合わせて踊りたい。
アッパーな1枚目と、スムースな2枚目。
ハウスを知らないなら、まずはこのミックスアルバムを手に取ってほしい。

◆DJ Hell: Misch Masch (Techno)
デトロイトへの愛情と、ジャーマンなロック感。
ゴリッとテクノタイムを満喫すべし。
店頭で売り文句になっているPuff Daddyのリミックスは、
実は収録されていないので注意。

◆Ryan Kisor: One Finger Snap - Incredible Ryan (Jazz)
トランペットのカルテット。
やや大味ながら、おおらかで勢いのあるバップを聴かせてくれる。

以上。
上記の作品をはじめ、最近の黒人歌モノは本当に素晴らしいものが多い。
外は寒いけど、こんなアルバムをたずさえ、しっとりと冬を過ごしたいものですね。

それでは。
Merry Christmas!

生きてます

雑記 / 2006.12.23
最近、転勤やら引越しやら忘年会やらで、全然書き込めていません。
また改めてご報告しますので、悪しからず。

東京に住みます

雑記 / 2006.12.08
突然ですが、来年初からの東京勤務を言い渡されました。
勤務場所は水道橋、住処はたぶん戸越です。
詳細は別途ご報告します。

MacBookの件!

メカ / 2006.12.04
MacBookですよ。
macbook

購入のきっかけはね、ひさしぶりに本気で音楽作りたいなあと思ったこと。
今まで使ってたPCは、Pentium 4の2.4GHz、メモリは512MBという、今となってはやや頼りない仕様で、本格的にCubase SX 2とKontaktを走らせるにはちょっと辛かったんだよね。
たぶんメモリを倍くらいに増やせば、そこそこ動いたんだろうけど、実はこのDellは特殊な仕様で、そのメモリがめちゃくちゃ高価なのです。
Win機での音楽制作も、なんとなく気持的にノらなくなってきたし(これにはなにか目に見えない理由があるのだ)、であれば、後々のためにも新しいMacを買っちゃった方が良いでしょうということで。
で、思い立ったら吉日。
なんと検討2日目にして、そそくさとMacBook買ってきちゃったわけです!
これを衝動買いと言わずしてなんと言いましょう。
最近倹約気味だった自分には稀なことです。
・Intel Core 2 Duoプロセッサを採用しつつ、破格の値段であること
・デュアルディスプレイに対応していること
・Macであること
が、MacBookを選んだ主な理由。
僕、ノートよりはデスクトップ派なんだけど、このバリューを見せつけられれば、ぐうの音もでませんよ。
Mac Pro買えれば一番良いのだけど、30万円超は出せないでしょう・・・

しかし、ほんとに久々のMacだなあ。
6年ぶりかな?
Macといえば、今は亡き漢字Talk時代から、SE30、LC520、初代iMacなんかを使ってたんだけど、大学5年生のときに自作DOS/V機に移行して以来、とんと御無沙汰なんです。
フレッシュなような、懐かしいような、再びMacユーザーになったという不思議な気持ちでいっぱい。
たかだか機械なのに、ここまで高揚した気分にさせるAppleって、なんなんだろうね。
すごく、ロイヤリティが高いブランドだよね。

さて、今回買ったMacBook、仕様としては下記のとおりです。
ディスプレイ: 13inch Wide (1280 x 800px)
CPU: Intel Core 2 Duo 1.83GHz
メモリ: 512MB
HDD: 60GB
見てのとおり、MacBookファミリーの中でも一番廉価な仕様。
MacBook Proなんか高すぎるし、2.0GHzモデルとのクロック差も、体感できるほどではないでしょうということで。
また、カスタムも、無料でUSキーボードにしてもらった以外は一切なし。
メモリとHDDは、それぞれ2GBと160GBに強化予定なんだけど、バルクで買って自分で換装したほうが安いからね。
このように、今回はできるだけ費用を抑えようとしていたので、ビックカメラかどこかで買ってポイント還元してもらえればさらに嬉しかったのだけど、USキーボードの在庫が量販店にはなかったため、名古屋のApple Storeにて泣く泣く定価購入しました。
あ、やたらとUSキーボードにこだわるようですが、ヒューマンインターフェイスは大切だからね。
見た目もすっきりしていて良いし、Boot Camp時の互換性にも配慮したのです。

で、ちょこっと使ってみた感想ですが、やはりまずデザインが良いですね。
クリーンな真っ白オーラがでており、小さな筐体に見合わず、結構な存在感を出しております。
ディスプレイについては、13inchワイドと小さめですが、解像度が高いため問題なさそう。
なにより、デュアルディスプレイに対応してるのがポイント!
ただのミラーリングじゃないですよ。
いままで使ってた17inchモニタを活かせるということで、音楽ソフトをのびのび使いたい僕にとっては、すごく大きな利点なんです。
それから、キータッチがとても良いです。
コツコツとしっかりした打鍵感とストロークがありつつ、音も静か。
決して安っぽくなく、打っていて気持ち良いですね。
そして、極めつけはMac OS X!
上記のとおり、しばらくWindows以外さわってなかったし、OS Xも初めてってことで不安な面もあったんだけど、本当に扱いやすいです。
マニュアルなんかなくても直感で操れるし、少々おぼつかない操作も、OSが先回りしてアシストしてくれる。
Windowsは、使いこなせばサクサクなんだけど、なんせ覚えることがたくさんあってとっつきにくいでしょ?
ねちねちと意味不明な言葉で指示されたり怒られたりさ。
その点Mac OS Xは、すばらしい人懐っこさなんですね。
先回のブログにも書いたけど、ただLANケーブルを差し込んだだけでネットにつながったのには、びっくりした。
本当に親切なやつです。
また、アピアランスもフレッシュですね。
奇麗な画面と向き合っているっていうのは、想像以上に爽快な気分になります。
ついでに、Wireless Mighty Mouseも買ったのですが、こちらは、右クリックの感度が悪いし、電池入れると重いしで、慣れるまではいまいちかな・・・
でも、トラックパッドでシコシコやるよりはずうっと便利なので、まあ良いでしょう。
ワイヤレスってのも、思いのほか便利。
いつもどおりトラックボールにしようかとも考えたんだけど、MacBook相手にでかい球体をゴロゴロするのもどうかと思い、却下しました。

・・・てかんじかな。
なお、これを機会に、音楽作成環境として、Ableton Live 6, Propellerhead Reason 3.0, Novation ReMote 25 SL, Native Instruments Audio Kontrol 1も近日中に導入予定。
音楽製作環境を一新します。
新しいスタジオが完成したら、写真をアップしますね。
良い曲たくさん作るぞー!

それから、今までのPCは、早速Ethernetにてネットワークを構築し、TV・Microsoft Office用途およびマルチメディアサーバとして活用することになりました。
これからもがんばってもらわなくちゃね。

さてさて、面白くなってきましたよ!

MacBook買いました

メカ / 2006.12.02
買っちゃいました。
思いきり衝動買いですが・・・
しかしすごいです。
設定も何もしてないのに、LANケーブルつなぐだけでネットできちゃったよ!
あまりに簡単すぎて笑っちゃいました。
これがMACのユーザビリティか・・・

とりあえず今はいじるのが楽しいので、また改めてご報告しまーす。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。