music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

2006年11月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[CDレビュー] Japanese Synchro System: The Elaboration

Past (-07/2) / 2006.11.24
◆ Japanese Synchro System: The Elaboration (Dance)
japanesesynchrosystemtheelaboration.jpg

この一枚に寄せる期待がどれだけ大きなものだったか、10月29日のレビューを読めば解ってもらえるだろう。
EP"The Foundation"に収録されたセルフタイトル曲は、その期待を煽り立てるのに十二分な出来だった。
そして、発売日にこのアルバムを手に入れてから、三週間。
実は、この音をどう評価しようか、今までずっと戸惑っていた。
正確に言えば、踏ん切りがつかないでいた。
でも、もういい。
弧憤をぶちまけてしまおう。

BOSSさん。
発売前のコメントには、ずいぶんと期待させてくれたじゃないか。
あなたの作品は、落胆という言葉が相応しいクソでした。
口先だけの商売人に成り下がったな。

このアルバムは、全面的に、過去の遺物のパチもんだ。
前進しようという気概が全く感じられない、プロの顔をした、大人の顔をした、子供の真似事だ。
お気に入りのバンドをコピーして喜んでいる中学生と、何も変わらない。
時代を変えるんじゃなかったのか?
偉大な先達の音の大波に、気持ちまで飲み込まれたか?
こんな妥協の産物に、金を払ってまでして付き合ってやった俺が馬鹿だった。
ダンスミュージックとして機能するとかしないとか、そんな次元で書いているんじゃない。
態度の話だ。

まずCALMは、圧倒的に凡人だ。
思いつきと聞き覚えのあるフレーズで何となしに誤魔化そうとする、小手先の物真似屋。
音の配列、曲の構成、音響処理、どこをとってもズブのド素人。
好きっていうだけで音楽を続けていられるのだから、世の中、甘っちょろいもんだ。
雰囲気と上っ面だけの胡散臭いスタイリストであり、薄っぺらいんだよ。
つまらない。

そしてBOSS。
ひどく弱々しい言葉たちを聞かされた。
このアルバムに、BOSSの声は必要だったのか?
そもそもBOSSは、このアルバムで、言葉として伝えるべきメッセージを持っていたのか?
最も深い愛は、音のみで体の芯から感じるものだということは、BOSS自身が一番知っているはずだ。
言葉など蛇足だと気付いているから、こんなに腑抜けた言葉になるんじゃないのか。
「伝えたい」という気合を失ったBOSSなど、牙を抜かれた野良犬に等しい。
まさか、声を聴きたがるファンの期待に怖気づいたんじゃないだろうな?
へっぴり腰なポエットだ。

付け加えるが、3曲目と6曲目のKOJI氏のボーカルも聞くに堪えない。
こんな拙い英語で、気持ちを込めて歌えるはずがないだろう。
BOSSがベタ褒め?なかよしクラブじゃあるまいし。
それから7曲目。
作文を棒読みする子供の声。感傷をかきたてようと必死に静謐なピアノと筝。
見え透いた仕掛けだ。
小学生でも騙されるかよ、こんなもん。
リスナーは、こんなフェイクを有難がるほどノータリンじゃない。

俺がここまで憤っているのは、こんな駄作にここまで書き連ねたのは、それを作ったのが、BOSSだったからだ。
稀代の熱血漢だと勘違いしていた、あのBOSSだったからだ。
彼の作品じゃなければ、それこそこんな盤のレビューなんて、一行で済ませていたはずだ。
BOSSは、あの98年の、満身の意欲と気迫を込めたTBHの1stを、もう一度聴き直してほしい。

このアルバムは、"Pure Water In Deep River"にてBOSSが呻く追憶、ただこれのみ聴くに値する。
BOSSとCALMの名前がなければ、こんなアルバム、これっぽっちも売れなかっただろう。

─ 評価:
Music Loverの自称力作。


─ 試聴はこちらから:
http://www.synchro-system.jp/
スポンサーサイト

ラーメンの文化

雑記 / 2006.11.19
いま、ラーメン食べてきました。
名古屋の本郷亭ってところ。
こちらではかなり美味しいと評判のお店。

個人的な感想ですが、端的に申します。
本郷亭のラーメンとは・・・

・ただ濃いだけの下品なスープ
・後味が悪く、豚骨の旨味を昇華できていない
・深みもなく、単調な味付け

・・・じゃあ食べるなよ、って思うでしょ?
でも、少なくとも知ってるなかでは、名古屋で一番美味しいお店なんですよ。
よって、どうしてもラーメンを食べたいという時には、是も非もなく、そこに行くことになるんです。

しかしね。
名古屋のラーメン文化ってのは、本当に成熟してないなあと思うね。
まず、店が少ない。
加えて、どの店もまずい。
そもそも、住んでる人々がラーメンにさほどの興味も持ってない。
さきほど本郷亭が一番まともと言ったけどもね、他の店はというと、そりゃあもう、酷いもんですよ。
ただゴッテリしてるだけで、ただの油に麺が入ってるだけみたいなやつとか、インスタントみたいに薄っぺらい醤油汁とか。
ああ、旨いなあ、どこをとっても非の打ちようがないなあ、って思える一品が、どこを探しても見当たらない。
客も客で、なんかギャルが世間話しながら30分もかけてダラダラ食ってたりするんだよね。
のびるだろ!
あのね、ラーメン屋はファミレスじゃないんですよ。生死を分ける戦場なんだよと。
寸分の合間も惜しみ、ひたすら旨い旨いと思って、わき目もふらずズバズバジョバっと啜り上げる。こういうのが正しい食い方なわけでね・・・と、思わず説教したくなるほどで。
こちらに来て、はや5年近く。
この5年間で、人生のワーストラーメン上位10位は、間違いなく名古屋勢が独占してしまった。

ちなみに大阪でも、現地の人が大プッシュするお店に行って、吐き出しそうになったことがあるんだが、それを思うと札幌って、素晴らしいラーメンタウンなんですね。
本郷亭レベルなら、札幌のそこらへんにあるラーメン屋さんのほうがずっと旨いもんね。
ま、単価が高くて、ちょっとグルメ化しすぎてるきらいもあるけど、民度も高いしね。
誰しもお気に入りのラーメン屋さんていうのが一軒くらいはあるでしょ?
こういうのって、名古屋では考えられないよね。

まあ、所詮はスガキヤ文化なのかね。
名古屋のラーメンて、おしなべて安く、札幌と比べるとジャンクフードに近い位置づけになってるんだと思う。
うどんやそばに関しては、かなり美味しい店が多いと思うし、きしめんも最高なんだけどね。
ことラーメンに関しては・・・ああ、もう既に言い尽くしちゃったな。

あ~あ。
名古屋のおいしいラーメン屋さん、誰か教えてくれないかなあ。

東京タワー

雑記 / 2006.11.19
今日(土曜)の夜やってたドラマ「東京タワー」、見ましたか?
いやー、ほんと良かったですよ。
九州の人ってあんなに訛りきつかったっけ?とは思いつつ、涙、涙でした。
ひさしぶりだな、こんなに号泣したの。
大泉洋の演技も自然体で良かった!
俺も親孝行せなかんなあと痛感し、ドラマ終了後、思わず実家に電話しちゃいました。
(感涙の鼻声をごまかしながら)
原作は、ずっと母が読みたい読みたいと言っていたので、きっとドラマも見てただろうと思ったところ、やはり図星。
視聴率は高かったんじゃないかね。

ところで、今日札幌で行われた日ハムのパレード、すごかったようですね。
大通り周辺の市街地に、6ケタ単位で観客が集合したとか・・・
ま、アジアシリーズを含め、快進撃を続けた選手たちへの熱狂は、よくわかります。
ただ、真に注目すべきは、その紙ふぶき!
マサくんのブログで写真を一見したとき、あたりに舞ってるのは雪かと思ってましたが、どうも紙ふぶきだったようで。
あまりのふぶきっぷりに、けっこう離れたところ(南1西9)にある彼女の職場のまわりまで、風に乗ってヒラヒラ飛んできたようです。
いやはや、俺も一緒に騒ぎたかったな。

さて、もうじきクリスマス、札幌の雪景色が恋しくなってきました。
今年は12月29日から1月4日まで帰省する予定です~

追悼

雑記 / 2006.11.17
Gerald Levertが亡くなったそうです。
http://www.bounce.com/news/daily.php/9190

素敵な思い出をありがとうございました。
You have spoken for the world for sure.
Rest in peace.

CDレビュー 06.11.16

Past (-07/2) / 2006.11.16
ちょっとひさびさ、ご無沙汰です。

いやしかし、一気に出たねー!R&Bの新作群!
R&Bというと、やはり寒い季節に欠かせないものとして認知されているのかしらね。
ま、なんにせよ、嬉しいことです。
で今回は、Sony BMGからの3作。
傑作を発掘しました!

◆ John Legend: Once Again (Soul/Pop)
johnlegendonceagain.jpg

熱いコブシよりは、ジャジーなビブラートと歌いまわしのアジで魅せる。
抑えたトーンで太く渋く唄う。
そんなタイプのシンガーソングライター。
声としては、大人になったスネオ系。か?
ネオソウル一派とされながら、他とは一線を画す燻された香りが芳ばしかった前作"Get Lifted"は、Kanye Westにフックアップされたこともあり、大ヒットでした。
なかでも、"Ordinary People"の染みわたる曲調は最高だったよな。
たしか発売当時、FMノースウェーブの月間ヘビープレイになっていたはず・・・

さてさて今回の新作、正直、かなり驚きました。
70's~80'sポップスのエッセンスがもたらすデジャブ感。
それでいて、明らかに新しく、聴いたことのない質感。
やや短調な湿り気があった前作とは異なり、秋冬のカラリとした空気を感じさせる、さわやかな曲調。
粘度低めの軽やかな8ビートや、丁寧にテンションボイスをなぞるメロディー、ちょっと白っぽいアレンジなどなど、サンプリングに頼らない、大人のバンドサウンドを聴かせてくれる。
これはおしゃれだ。

全体にしみじみと乾いた空気感があり、一枚のアルバムとしてのまとまりも非常に良いです。
秋の街角でグランドピアノを弾いている、ジャケットそのままの雰囲気。
いやはや、ここまで一貫した雰囲気を持つアルバムは希少ですね。
Stevie WonderやDonny Hathawayの名作にも匹敵する、ロングラスティングな魅力に満ちている。

うん。
あれだけ騒がれた前作ですが、個人的にはそれを上回った!
黒人の歌ものとしては、確実に今年5本の指に入る名作。
チャラいR&Bに抵抗感がある人にも是非聴いてもらいたい、上質なポップミュージックです。
こうした嬉しい驚きがあるから、CD購入癖は止められない。

─ 晩秋の青空度数:
★★★★★

─ 試聴はこちらから:
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/JohnLegend/?SICP-1148


◆ Ruben Studdard: The Return (R&B)
rubenstuddardthereturn.jpg

シルキーで柔らかく、太い声。
ハイトーンで歌い上げても、決してそのコシを失わない。
ストレートながら、割と小回りが効くシンガーで、文句なしに上手い。
我ながら大絶賛だね。じつに良い声してます。

さて本作。
プロデューサーとして、Harold Lillyが全面的に関与してるほか、The Underdogs(2)、James Poyser(5)、Stargate(6)、Scott Storch(7)等が名を連ねる。
中でもThe Underdogs、相変わらず良い仕事をしてます。
惚れぼれしちゃうね。
決して奇を衒わず、坦々と良い曲を書くので、長年R&Bを聴き続けてる人には信頼されるタイプでしょう。
それに引きかえStargateは・・・ジェ~ポップかよ?てかんじ。
その曲調も去ることながら、この空前のひっぱりだこっぷりも、亡き小室哲也(合掌)に等しい胡散臭さを匂わせる。
たしかにFMなんかでは耳につくタイプの曲調だし、いかにも日本人や北欧人が好みそうなドポップな曲を書くけど、いかんせんあくどすぎるよな。
ま、意地悪書きましたが、他のプロデューサーはかなり、がんばってます。
どの曲も良い。
さらに、トリを飾るのが、Luther Vandross"If Only For One Night"の真摯なカバー!
これには泣かされました。

ちょっと地味だけど、聴きやすく、たいへん良いアルバムです。
06A/Wの夜に最適なアルバムと認定いたします。

─ R&Bファン垂涎度数:
★★★★

─ 試聴はこちらから:
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000HBKCDM/sr=8-1/qid=1163303008/ref=sr_1_1/250-8232069-8611401?ie=UTF8&s=music


◆ Frankie J: Priceless (R&B)
frankiejpriceless.jpg

ラティーノアイドル、Frankie Jの新作。
のっけからMannie Freshのラップにイラつくものの、全体としては、いつもの彼らしい作品でした。
ちょっと薄味ながら、毒がなく聴きやすい。

ただ残念なのが、その歌唱力なんだよね。
ウィスパーが良いシンガーって、Joeをはじめとしてかなり好きなんだけど、この人の場合、切れが悪くヌルい。
歌いまわしも力んでる。
シンガーとしては、所詮ラテン系で珍しいから売れてるだけでは?って勘ぐっちゃうくらい。
ま、悪かないけどさ。

ちなみに蛇足だけど、この人、日本人によくいそうな顔立ちをしてるんだよね。
ふつうに昼間の電車とかに乗ってそう。
んで、なぜかちょっと、O谷の骨格をゴツくしたらこんなかんじになるかなー?なんて、昔から勝手に思っちゃってるんですよ。
いや、この人のほうがずうっと格好いいですよ、そりゃ。
でも、なぜかちょっと、似てると思うの。
よくよく見るとぜんぜん違うんだけど、殿さま系の眉毛とかさ。
そして、似てる奴の歌を聴くのって、なんか複雑な気持ちになるんだよね。
んで、さらに何故か、ムカついてくるんです。
わけ知らんが何故か、ムカつくの。
この顔が、俺に似てるこの顔が悶々と歌ってるのが、ムカつくの。
ねえ神様、なんですかこの気持ちは。

かなり不明な文章になってしまいましたが、この心理、だれか偉いひと教えてくれないかなあ。

─ Pop&B度数:
★★★

─ 試聴はこちらから:
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ICLTFU/sr=1-1/qid=1163303810/ref=sr_1_1/250-8232069-8611401?ie=UTF8&s=music
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。