music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

2006年09月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPodを買い替えた

メカ / 2006.09.27
買っちゃいました、新しいiPod80GB!
来年のリアル新型まで待とうと思って、ずうっと辛抱してたんだけど、

1. 手持ちの音楽データすべてが入る容量が欲しかった
2. 60GBのホイールが動作不良を起こし始めた

ことを理由に、決意した次第です。

まず、1.について。
先日、PCのデータを全て吹っ飛ばした私。
当然、入ってた音楽データ70GBも全てNONE化したわけですが、iPodに転送してた55GBぶんだけは、iPodから吸い上げることで、なんとかすぐに復活できたんです。
これがありがたくて、万が一の保険としても、手持ちの音楽すべてをバックアップできる手段が必要だと思い至ったわけ。
そう。今後しばらくは、iPod80GBがしっくりくるってことです。
手持ちのデータ全部持ち歩けるし、バックアップにもなる。
OK、OK。

また、2.の故障に関しては、ホイールを何回クルクルしても、同じところを行ったりきたりするような状況。
いったんHOLDスイッチをON/OFFすれば、その後3秒間は直るんだけど、すぐにまた元どおり。
いいかげん使いづらい。
これも買い替えの動機になりました。

それにしても、iPodの壊れやすさはどうにかならないのかね!?
今回ので4台目ですよ?
年に1回壊れてるペースじゃん。
デニム同様、iPodも裸でガシガシ使い込むことに男気を感じる俺もアレだが、ケースがないと1年で壊れる製品を作るAppleも、それはそれでどうかしてると思う。
とはいいつつ、あまりの便利さに負けて、性懲りなく代替しちゃうわけですが。

さて、これが新型の箱。
ちょっと広角気味だけど・・・
0609271.jpg

ね。
相変わらず捨てるのがもったいない上質感。
船乗りジョニーがにんやりしてます。
で、この写真↓が、新旧比較。
0609272.jpg

いまさらだけど、新型はディスプレイの大きさが目につくね。
スーツの内ポケットに入れてもかさばらない薄さになったのも、ありがたい!
また、今回のアップデートは、容量アップに加えて、ギャップレス再生が可能になったことも、うれしいポイント。
僕、MIXもののアルバムが多いので、楽しみです。

さてさて。
黒はキズ・汚れが目立ちそうだけど、また使い倒してやりますよ。
いままでのやつはどうしようかなー。
スポンサーサイト

死 に ま し た

メカ / 2006.09.24
死にました。
PCのデータが、すべて、死にました。
1200枚のCDデータも、過去4年間の思い出の写真も、お気に入りのアプリケーションの数々も、
すべて、

死にました。

・・・ほんとやっちまった・・・

iTunesに溜め込んでいた曲でHDDの容量が足りなくなったので、「パーティションコマンダー」なるソフトでパーティション領域を拡張しようとした矢先のこと。
HDDの構成に直接手をいれる非常に危険なソフトなのですが、これがまた、作業中にフリーズしやがったんですよ!
しかも、曲が入ってたほうのHDDだけでなく、もう一方のHDDにも効果は波及。
計2台のHDD、全データが、

ぶっとび!
再フォーマット!

と、あいなったわけです。
ひどいよ、ひどすぎる・・・

ようやっと今、インターネットにつながりましたので、ご報告させていただきます。
ネットをするのも、音楽を聴くのも、TVを見るのも、ゲームをするのも、すべてPCでまかなっていた私。
まともな生活環境を再び手に入れられるまでに、どれくらいかかることやら・・・

あー!
またCD1000枚エンコしなおしかー!
ちくしょーーー!
リアルに死にてー!!!

CDレビュー 06.09.23

Past (-07/2) / 2006.09.23
さて。
CDレビュー再開を決意したところで、さっそく参りましょう。
昨日購入した1枚です。

CDの洪水

Past (-07/2) / 2006.09.22
やばいです。
CDの洪水に溺れてます。
ずうっとサボってたCDレビュー、そろそろ再開しようかなあと思って、まだ書いてないやつを数えてみたら・・・

55枚ありました(溺死)

あーあ。月に20枚のペースで増えてるよ。
手に入れた音は大切に、をモットーに始めたCDレビュー、ぜんぜん懲りてないじゃん・・・
本当に駄目な俺。

というわけで、ま、ここらで一度、リセットさせていただきます;
次回入手分からは、きちんと書くことにしますので。
念のため、手に入れたアルバムをジャンル別に書き連ねておきます。

◆ Soul / Micah : Everything
◆ R&B / Governor : Son Of Pain
◆ R&B / K-Ci : My Book
◆ R&B / Lionel Richie : Coming Home
◆ HipHop / Outkast : Idlewild
◆ HipHop / Pharrell : In My Mind
◆ HipHop / Tha Dogg Pound : Cali Iz Active
◆ House / Stockholm Cyclo : Beginning People
◆ House / Rasmus Faber : So Far
◆ House / V.A. : OM Summer Sessions
◆ House / V.A. : Vega Records Compilation Vol.1
◆ Techno / Audion : Suckfish
◆ Techno / François K : Frequencies
◆ Electro / The Soft Pink Truth : Do You Party?
◆ Trance / Skazi : Total Anarchy
◆ Breakbeats / Venetian Snares : Cavalcade Of Glee & Dadaist Happy Hardcore Pom Poms
◆ Breakbeats / Justice : Waters Of Nazareth
◆ Breakbeats / Bugz In The Attic : Back In The Doghouse
◆ Nu Jazz / The Invisible Session : The Invisible Session
◆ Lounge / Dabrye : Instrmntl
◆ Lounge / Christiaan : Buyers Featuring Rush Hour
◆ Lounge / Meanest Man Contest : Merit
◆ Lounge / V.A. : Virtu-See Level (Below See Level)
◆ Abstract / Marumari : Supermogadon
◆ Electronica / Electric Company : It's Hard To Be A Baby
◆ Electronica / Four Tet : Pause
◆ Electronica / Funkstörung : Viceversa
◆ Electronica / Machine Drum : Now You Know
◆ Electronica / Róisín Murphy produced by Matthew Herbert : Ruby Blue
◆ Electronica / Sketch Show : Loophole
◆ Fusion / Stanley Clarke : Stanley Clarke
◆ Fusion / Weather Report : Weather Report
◆ Jazz / One For All : The Lineup
◆ Jazz / The Red Garland Trio : Groovy
◆ Brazil / 4hero : Brazilika
◆ Brazil / Ana Costa : Meu Carnaval
◆ Brazil / Julie & Khari : Moon Bossa
◆ World / Gunung Jati Ensemble of Tegas, Peliatan Village : Gamelan Semarpegulingan II
◆ World / Tirta Sari Ensemble of Peliatan Village : Gamelan Gong Kebyar
◆ Rock / Fishbone : Fishbone 101 - Nuttasaurusmeg Fossil Fuelin' The Fonkay
◆ Rock / Green Day : Dookie
◆ Rock / Guns N' Roses : Appetite For Destruction
◆ Rock / Nirvana : Nevermind
◆ Rock / Pearl Jam : Ten
◆ Rock / Red Hot Chili Peppers : Mother's Milk
◆ Rock / The Fray : How To Save A Life
◆ Heavy Rock / Anthrax : Spreading The Disease
◆ Heavy Rock / Megadeth : Peace Sells...But Who's Buying?
◆ Heavy Rock / Metallica : Kill 'Em All
◆ Heavy Rock / Pantera : Cowboys From Hell
◆ Heavy Rock / Pantera : Vulgar Display Of Power
◆ Heavy Rock / Sepultura : Roots
◆ Heavy Rock / Sick Of It All : Blood, Sweat, And No Tears
◆ Heavy Rock / Slayer : Hell Awaits
◆ Heavy Rock / Slipknot : Vol.3: (The Subliminal Verses)

以上。

見ての通り、最近は、轟音ロックを漁ってました。
何を隠そう、過去にはエクストリームな音楽ばかり偏聴していた私。
さかのぼること12-13年前、高校2年生ぐらいですね。
ブラストコアとかノイズ方面とかね。
その後、紆余曲折を経て、今でこそちょっとオトナな音楽志向になりましたが、体内に流れる熱い血潮は、いまだぐつぐつと煮え続けているのです。
当然、極左系の音源はたくさん持ってるんだけど、ま、カセットテープだったりするので、今回デジタルで買い直しということで。
しかし、やっぱり、好きだなあ、こういう音。

あ、それから、今回の55枚には、マサくんにお借りした13枚も含まれております。
たくさんのCD、本当にありがとうございました。
そして、感想を伝えらず、申し訳ありません。
ペコリンコ。
けっこう聴いてるからね!

友人が少ないという脅迫

雑記 / 2006.09.20
どうも。
まいどご無沙汰してます。

いやあ、どぎまぎですよ。どぎまぎ。
てのもね、さきほど、誘われちゃいまして。
友人の犬君に、話題のmixiに招待されちゃいまして。
いやはや、どぎまぎしちゃいます。

そもそも、mixiとは何ぞや?なんて、一割も理解できてない時分に届いた、一通のメール。

こんにちは、mixi運営事務局です。
犬さんがあなたを
ソーシャルネットワーキングサイトmixi(ミクシィ)へ招待しています。


お、おお・・・
なんかいきなりすげえことになってるぞ。
ともかく招待されるがままに参加してみると、

いやはや、なるほど。
これは、すげえな。
一瞬で世界観変えられちゃいました。
すごいサービスですね。
つながってるんですね、みんな。
電脳社会で、つながってるんですね。
なんでも、ユーザー数は500万人を超えるらしい。
そんなに普及してるなんて、今日の今日まで全然知らなかったよ。
恐るべし電脳日本。

でもね。
「お、おいちょ、ちょっと待っておい!」
てのがひとつだけ。
というのは、他のユーザーに、自分の友達の数が見えるようになってるってこと。
そいつがmixiでつながっている奴は何人いるか?てのが、他のユーザーに公開されてるわけ。
しかも、これみよがしに

O谷(1)

なんて具合に、名前の直後にカッコ付で友達の数が書いてあるの。
それは、ねえだろう。機能上意味あるのか?

おおたにかっこいち

が俺の呼び名かよ。
それは、友達少ない人への脅迫だよ。
俺なんか、リアルにがんばったって10人いかねえって。
しかも、いろいろ見てみると、けっこう3桁クラスがふつうなのな。

み ん な そ ん な に 友 達 お る ん か ! ?

って、ほんとびっくりしちゃった。
すげえな。
価値観変わったよ。

でもさ、なんか、「友達増やさなくちゃ恥ずかしい」って思わせるような表示だと思いませんか?
「mixiだけのつながりでも、むりやり増やさないと」みたいなさ。
ある意味、脅迫されてるかんじがしない?
事務局はそんなにmixiユーザー増やしたいのかねえ。
渡世上の閉塞感というか、ネットワーク上でもこんなに人間関係に気を揉まなくてはいけないことに、たいへん大きな違和感がありました。
て、俺の考えすぎか。

ま、でも無料だしな。
mixiという機能そのものも、べつに賛同できるんだけど。
それにしても、どうなのかしらね?

帰りまーした

雑記 / 2006.09.05
暑い!暑い!34度だと!?

夏が去って寂しいなあと思ってたら、まだここには夏がいた。
こんなんじゃあ、去ったままで良かったよ。
なおかつこの湿気・・・
先回の雑記で「札幌は空気がうまい」と書いたが、違いの根本は湿度なんだなあと実感しました。

それにしても、疲れた移動だった。
フェリーの便としては、
9/3 11:30PM 小樽発 → 9/4 9:00PM 舞鶴着、総所要時間21時間30分
の予定だったんだけど、フェリーの動力機関のひとつが故障したとかで、大幅に出力ダウン。
おかげで入港は、1時間遅れの夜10時になってまった。
こんな遅い時間に、京都の北のはずれにひとりぼっち・・・これから運転して帰れってか!て気分でしたが、まあ、夜だし道も空いてるだろうということで、高速は使わず、ぶーんと220km。名古屋の自宅についたのは1:30でした。
家を出てから実に29時間。

で、やっとこさの思いで部屋の鍵を開けると・・・

うわなんか便所くせえ!

くせ!くせえぞ、これ!
これ便所のにおいDEATHよ!

2ヵ月も部屋を空けてたってことで、少々のニオイやホコリやゴキブリの発生は覚悟してたんだが、
しかしまあ、そのニオイが便所のニオイとは・・・
で、おそるおそる便所にはいってみると、ふだん便器に張ってある水が蒸発して、水と便器のあいだに隙間ができちゃってたのでした。わかる?
要は、ここにお住まいの高貴な方々が排泄されたブツの香りが、その隙間からモワーンときてたってわけ。
やれやれ。今日はこのロワイヤルな空気に包まれて寝なくちゃいけないのか・・・
とりあえず気をとりなおし、ファブリーズを30プッシュくらい部屋に撒き散らした上で、念のためお香も焚きつつ、就寝したのでした。

やー。これからまた名古屋の生活が始まるなあ。
心機一転、がんばろう。
便所のニオイで、さいさき悪いけどさ。

帰りまーす

雑記 / 2006.09.02
楽しかった札幌での生活も、いよいよ終わり。
明日の深夜のフェリーで、名古屋に戻ります。

で、この機会に、かねがね札幌に関して思っていたことを、書いてみようと思います。
苦言交じりのひとりごと。

まずは、運転マナーの悪さ。
帰郷するたび、これでもかというくらい思い知らされる。
右車線をトロトロ走る、車線をまたいで走る、ハザードもなしに急に止まる、割り込ませてくれない、曲がる直前までウィンカーを出さない、そもそもウインカーを出さない、等々・・・
配慮に欠けた意地悪なドライバーが、明らかに多すぎる。
これ、レンタカーに乗る観光客も多い土地として、良くないよな。
道路環境の良さがそうさせてるんだろか。

それから、お店の人の接客態度ね。
つっけんどんすぎ!一応敬語使っててもニコリともしないとか。
これ、本当にひどいよ。サービス精神不在の街って印象になっちゃう。
これもやはり、観光客が多い街として、まずいと思う。

いずれにせよ、なんだか全般に粗野な印象がするんだよな。
道民の気質「おおらか」っていうのは、こういう状況に対して怒りも疑問も感じない北海道人を指して皮肉ってるんじゃないか、とか勘ぐっちゃいます。
まあしかし、どれも2週間ほどもすれば慣れてしまうんだよね。
北海道出身だから?

一方で、運転マナーや接客の悪さを覆して余りあるほど、良いところもあります。
それは、自然を含めた環境の良さ。これに尽きる!

まず、道がまっすぐで広く、高い建物もあまりないから、空がデカい。
他の多くの街のように、道が曲がりくねってると、ほぼ必ず目の前に建物が横たわってることになるでしょ。すると、建物が目の前にあるぶん、空が狭くなる。
これ、ふだんは意識しないにせよ、かなりの圧迫感なんだよね。
札幌はといえば、ずうっと先々まで見通せて、視界に奥行きがあるわけで、開放感が全然違うんです。

そんで、都心からちょっと離れれば田舎があるというバランスも、素晴らしい。
陸の孤島の如き一極集中の大都会だけど、反面、行けども行けども灰色の景色でウンザリ・・・みたいなことがない。
歴史がないぶん、人の手がついてない自然そのままの土地も多いしね。
都会に住みながら、手軽にエスケープできちゃう。
本州の場合、どんな田舎に行っても「先祖代々ここに住んでおります」的民家と田んぼがあって、いわゆる何もない開けた土地っていうのは、なかなかお目にかかれないんだよねえ。
海と山と平野すべてが揃ってることもあわせて、ポイント高いです。

さらに、緑豊かで大規模な公園がたくさんあること。
市街地はべつに緑が多いわけじゃないけど、札幌が「緑の街」といわれる所以のひとつは、これじゃないかと思う。

もひとつ。
空気が明らかに旨い。

以上!札幌が醸し出す、ゆったりのんびりした気分って、こんなところにあるんじゃないかなあ。
接客とか交通マナーとか、どうでもいい気分にしてしまうんだよね。

えー。
7月、8月と、マサくんはじめ色々な方にお世話になり、本当に良い時間を過ごしました。
夏の札幌らしく、湿度も低く涼しい晴天続き。
最高だった!
4年前、もう住むことはないだろうと覚悟して札幌を離れましたが、こんなことでまた札幌に住むことになるなんて、わからないもんです。
本当にいい思い出が沢山できましたよ。

さて、仕事始は9月11日からです。
来週中はまた、名古屋でのんびりすることになりますが、今回札幌で養った鋭気をキープしつつ、がんばりたいもんです。

それでは、また。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。