music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

Jazzの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Casiopea: Down Upbeat [Fusion]

Jazz / 2008.07.10

くそファンキーなディスコ・クラシック。
Casiopeaのロンドンでのライブでは、溢れかえる黒人が本気で踊りまくったという、
当時の日本人アーティストとしては栄誉とも言える語りぐさがあります。

なにを隠そう、中学生時代のぼくは、Casiopeaの大ファンでした。
桜井哲夫や鳴瀬喜博を抱え、ベース少年としては、通らない道はないバンドだったのですよね。
ヘッドホンをかぶり、夜なよな高速スラップの練習に明け暮れる。
なんと脂臭くアンセクシーなことでしょう。
その後、ご多分に漏れず「フュージョンはださい」とした思春期時代の反動を経たものの
(当時はEaracheレーベルとかヘビーロック系に凝っていた)、
後に改めて聴いてみると、ことさら新鮮で格好良かったりしたものです。
通りいっぺんの音楽を聴いてきたものとしては特に、
テクニックに走りすぎないロウな初期が良いですね。
中でもとりわけこの曲のベースラインにはやられたものですから、
今も手癖でついつい弾いてみてしまったりします。
このタメまくったグルーブは、シンプルながらかなり難易度が高く、
日本人が不得手なノリの一つですね。
腰で乗らないとついつい走ってしまうので、踊れないミュージシャンには弾けません。
この曲をクルマの窓から爆音で流せるようになれば、本気な音楽好きとして認められるはずです。

今月、仕事の絡みで、神保彰氏のライブに運営サイドとして参加します。
あの日のヒーローとこうした形で会えるとは、奇なり人生といった風情で不思議なものです。
スポンサーサイト

Cesare Picco: Light Line [Jazz]

Jazz / 2008.02.03
2007年、ぼくは、100枚以上の新譜を買ったようです。
我ながら心外なのですが、iTunesによると、どうもそういうことなのです。
お金がたまらないのはそういうわけか、と妙に納得したりするのですが、
ただ膝を打つだけでは価値がありません。
新年もひと月が過ぎましたし、ここらでひとつ、
2007年の個人的名盤をピックアップしてみようと思います。

Cesare Picco "Light Line"。

イタリア人のジャズピアニストです。
クラシックの素養もあるらしく、たいへんリリカルで端正なピアノを弾きます。
このアルバムには、自身のプログラミングによる隠し味的なシーケンスも含まれていますが、
基本的には、ベースとドラムを加えたトリオです。
各人、抜きと差しをわきまえた絶妙な演奏でして、言葉で表現するのはなかなか難しいのですが、
ひんやりとした、静寂感のある、しっとりと、美しい、蝋燭のような、
といった形容詞が思い浮かびます。

この雰囲気を、この雰囲気たらしめているのは、生演奏のアンサンブルのみではありません。
Taketo Gohara氏によるライブエフェクト。
空間系を主とした音響処理が、秀逸な素材を殺すことなく、
それでいて、実に効果的に織り込まれているのです。
これが素晴らしい。
例えば、1曲目、"L'orolgio"の冒頭。
一打の控えめなハイハットが、マイクを通じて、マルチディレイを咬んだ卓に通されます。
ハイハットは粉々に砕け散り、まるでダイヤモンドダストのように、
チリチリチリと美しく降り注ぎます。
この繊細なイントロの数秒だけで、このアルバムは名盤であると、すでに確信できるのです。
ぼくはジャズが好きでよく聴きますが、これほどまでにユニークで上質な作品は、他に知りません。
ずっと探し続けているのですが、見つからないのです。

思い出があります。
昨年の夏の終わり、札幌。
絵空事の将来が、超高速で空回りしていました。
生命の進退を賭けたドラッグレース、錯綜する思考・・・
ぼくは、少し落ち着こうと、一人で夜の中島公園に向かいました。
iPodを片手に持ち、しんとした路を通り抜けて、池のほとりのベンチに腰掛けました。
070831中島公園
すすきのの裏側の灯りが、控えめだけど凛として、透明な夜空に映えています。
手のひらを返すように涼しくなった晩夏の風が、半袖のシャツに染み込みます。
匂いはすでに、秋でした。
しんみりとした解放感に包まれながら、このアルバムを再生した瞬間。
それまでの五感は、さらに露わになり、一丸となって、ぼくを包み込みました。
呆然としました。
本当に美しかった。
ほんの数十分の出来事ですが、生涯忘れることはないでしょう。

あの夏以来半年間、僕はこのアルバムを、毎日のように聴いています。
それでいて、まったく飽きることがなく、いつ聴いても新鮮です。
昨今の、玉手箱のように多彩で刺激的な電子音に慣れた耳でも、
決して退屈せず、じっと耳を傾けられる作品です。
普段ジャズを聴かない方。特に、新しい音楽が好きな方。
是非おすすめです。
安いクラブジャズでもなく、薄っぺらなスムースジャズでもなく、難解な○○派とかでもなく、
ジャズが進むべき未来を確信できる、厚みのある一枚です。

こちらでさわりだけ聴くことができます。

―iTunesをお使いの方:
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=256545538&s=143462

―その他の方(WINのみ):
http://mora.jp/package/80328021/FIN-020/
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。