music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

R&B/Hip Hopの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boyz II Men: 白い恋人達 [R&B]

R&B/Hip Hop / 2008.02.13
K-Ci & JoJoのJ-Popカバーアルバムが出るようです。
まるでマーケティング臭しか感じられない企画であります。
こうした作品は、アーティストのモチベーション等に想いを馳せると、
決して一音楽ファンとして喜べる代物ではないのですが、
まあ、最もコアな部類のソウルシンガーである彼らが日本の歌謡曲をどう歌いこなすのか、
といったことには興味がありますので、
本作については、ネタ半分として自分を納得させつつ、買ってみるつもりです。
それにしても彼ら、GeffenやMCA, Universalといった超有名レーベルから、
全米No.1シングル/アルバムを連投していたアーティストなわけです。
Jodeci時代も含めて、あれだけチヤホヤされたにもかかわらず、
本当に、仕事を選ばないといいますか、なりふり構わないのですね。
熱くしょっぱい歌唱を売り物とするシンガーにとって、
昨今のシーンは厳冬期とも呼べる状態であることはよく承知していますが、
あろうことか今や、かろうじてK-Ciのみ、細々とインディーで食っているという惨状。
加えて、今回のJ-Poppin'です。
2000年前後のK-Ci & JoJo黄金期からは想像もつかない状況です。
周囲からどう見られても構わない、自分のスタイルあるのみ、という歌バカの姿勢は、
良く言えば不器用な職人肌として尊敬に値するのですが、
仮にも、ぼくがR&Bに開眼する道しるべとなった、思い入れのあるアーティストですから、
こうした動きについては、なんだかすこし、思うところもあるのですよね。

・・・などということをぼんやりと考えていたところ、
Boyz II MenもJ-Popのカバーアルバムをリリースしていたことを思い出しました。
彼らもまた、K-Ci & JoJoとは毛色が異なるものの、
繊細な節回しの美メロを得意とする日本人好みのアーティストですよね。
なぜわざわざBoyz II Menなのかといいますと、
ぼくの大好きな、桑田佳祐の「白い恋人達」が、
英詞ではありますが、カバーされていたからなのです。
シンセ感溢れるピアノや打ち込みのギター、チープなドラム等で構成された
スカスカなアレンジが微妙に貧乏くさいのですが、
ゆったりとシャッフルするクリスマスらしい仕上がりでして、
オリジナルとは全く違った、それでいてオリジナルに匹敵するほど、
素敵な曲として生まれ変わっています。


こちらが原曲。
札幌人なら嫌いなはずがないのです。
ちなみに、桑田佳祐は、日本人として数少ない、大好きなシンガーです。


蛇足ですが、この曲が世に出たのは、2001年の秋。
小雪降る中、残り少ない札幌生活を舐めまわすように回想しながら、
停めた車中でひとり熱唱したものでした。
もともとぼくは、幼い頃からノスタルジアに没頭する傾向がありました。
「あんなーこーとー、こんなーこーとー」という歌(名称は忘れました)を
幼稚園の卒園練習で歌っていた頃から、懐古に夢中だったと記憶しています。
年をとるにつれ、そういうのは体に良くないことが判ってきたので、最近でこそ乾きましたが、
あれはたいそう、周囲の人を困惑させたのではないかと思います。
迷惑なことですね。

以上、季節外れで失礼しました。
スポンサーサイト

The Dream: I Luv Your Girl/Fast Car [R&B]

R&B/Hip Hop / 2008.01.14
The Dreamと言えば、昨年末にアルバムが出ました。
The Dream: Love/Hate [R&B]The Dream: Love/Hate [R&B]
(2007/12/11)
The-Dream

商品詳細を見る
その中から印象に残った曲を2つ。

I Luv Your Girl

早くもリピート中。
爬虫類系のフロウに加えて、例の「アー」とか「エー」とかですね。
かなりハマります。
歌詞がまた、なに、略奪愛?つうか最悪に生々しくてね。
そう、こいつのキモは歌詞ですよ。
詳細は「続きを読む」にて。

Fast Car

それからこれ。
80's風ミッドダンサー。
打って変わってかなり爽やか。
夏のマイアミをユルく流すホットロッドってところでしょうか。
マイアミ行ったことねえけど、まあそんなかんじでしょう。
iPodのドライブ用プレイリストにエントリーしました。
ちなみにこの曲、前述のJ. Holiday "Bed"同様、L.O.S氏がプロデュースしたようです。

J. Holiday: Bed [R&B]

R&B/Hip Hop / 2008.01.14

ここ数ヶ月のヘビーローテーションです。
The Dreamのペンによるロマンチックな一曲。
おなじみの「エーエーエー」も癖になります。
プロデューサーのL.O.S. Da Maestroについては、名前を知らなかったのですが、
P.V.どおりスケールでかくエキゾチックに仕上げてきました。
曲・歌詞・歌唱・プロダクションの4要素が全てパーフェクト。
2007年を代表するR&Bの名曲です。
BPMが130の半分くらいなので、アカペラさえ手に入れば
ハウス仕様のリミックスも作ってみたいかんじです。

J. Holiday、彼はなんかアイドル然とした出で立ちですが、
その歌唱力はなかなか確かです。
こちらの最新作↓
J. Holiday: Back Of My Lac\' [Soul/R&B]J. Holiday: Back Of My Lac' [Soul/R&B]
(2007/10/02)
J. Holiday

商品詳細を見る
に収録されている"Thug Commandments", "Without You"なんかは、
ぜひJaheimあたりにも唱ってほしい大陸的な一曲ですね。

リリックは「続きを読む」から。
素敵ですよ!

Jaheimのリミックス作成中

R&B/Hip Hop / 2007.05.13
先日渋谷のTower Recordsで見つけた、
Jaheim "Everytime I Think About Her"のシングル収録アカペラを使って、
リミックスを作成しました。
まだマスタリングレベルでの作業が残ってるので、それが終わり次第、
mp3かなにかでアップしますね。
ぜひ試聴あれ。

ここ数年、作業が面倒くさくて、本格的な音楽作りからは遠ざかっていたんだけど、
今回はパパッと1週間くらいで出来ちゃった。
それもこれも、昨年末導入した、Mac OS X + Ableton Live 6 + Propellerhead Reason 3
という新しい制作環境のおかげです。
Studio.jpg

以前の、Windows XP + Steinberg Cubase 2 + Native Instrument Kontakt 1
という組み合わせは、機能上は良いのですが、操作性や直感性がいま一つだったため、
曲想を練る段階やアイディアフラッシュ時に頭の中で鳴っている音を実際に打ち込む際、
その作業が煩わしくて、インスピレーションが削がれてしまうことが多々あったんです。
これって、作曲のような直感が頼りのモノ作りにおいては、非常に致命的なことなんですね。
一方で、今回の環境では、全くストレスなくスムーズに没頭できました。
各アプリケーションとも、今回初めて弄ったのですが、素晴らしく取っ付きやすく、
使いやすく、それでいてかなり高いクオリティで作り込める。
DTMやる方、または興味のある方、まじでこの組み合わせはおすすめですよ。
特に、Ableton Liveについては、従来のDAWとは全く異なるシンプルなUIにより、
クリエイティビティを削がないどころか助長さえしてくれる、
非常に優れたユーザビリティを実現しています。
Opcode Studio Vision - Emagic Logic - Steinberg Cubase - Ableton Liveと
次々にシーケンサーを乗り換えてきた私が言うのだから、間違いありません。

そうそう、話は変わりますが、Bobby Valentinoの新アルバムが発売されましたね。
Special Occasion Special Occasion
Bobby Valentino (2007/05/08)
Universal/Mercury
この商品の詳細を見る

前作は2005年の名だたるR&B作品群でもピカイチの出来映えだったので、期待してました。
今回もやはり、素晴らしい完成度です。
おなじみTim & Bobに加え、今回はTimbaland等、
多様なプロデューサーとコラボレイションしています。
特にTimbalandについて、最近の彼のトラックは、トランスの影響を受けたと思われる
疾走感あるスペイシーな曲調が多いのですが、
これがBobbyのアルバムの浮遊感あるロマンティックな世界観にドンピシャでハマってます。
現在進行形の良質なR&B作品。
2007年のR&Bアルバムベスト5には必ず入選することでしょう。
必聴です。

JoeとNe-Yoの新譜が出た!

R&B/Hip Hop / 2007.04.24
買ってきましたよ、ええ。
発売日前日を狙って、さっそく買ってきました。

Ain't Nothin' Like Me Ain't Nothin' Like Me
Joe (2007/04/24)
Jive
この商品の詳細を見る

なにはともあれ、まずはJoeです。
待ってました、4年ぶり!
前作は、ちょっとハズしちゃった感もあったんだけど、今回はまじでいけてます。
Tim & Bob, Stargate, Bryan Michael Cox, The Underdogs他、盤石のプロデューサー陣。
細かいレビューは(面倒くさいので)書きませんが、もう手放しで、
たいへん素晴らしい出来です。
普段R&Bに興味が無い人も、今作は是非ぜひ、おすすめ。
おなじみJoshua Thompsonとのコンビによるラストの曲には、号泣必至!

(呟)あとはこのアルバムを一緒に聴ける相手さえいれば・・・

Because of You Because of You
Ne-Yo (2007/05/01)
Mercury
この商品の詳細を見る

さて、Ne-Yoのほうは、昨年の1stを踏襲、といった印象ですね。
前作を気に入った人なら、まず買いで間違いありません。
絶賛されるべきソングライターとしては、やや力不足の感は否めませんが、
R&Bにメロディ回帰の風をもたらしてくれた功績は大きいと思います。

というわけで皆さん。
今年は男性R&Bが豊作ですよー。
今回の2作に加え、近日中に、Donnie, R. Kelly, Carl Thomas, Bobby Valentino,
Trey Songz等、そうそうたる面子のリリースラッシュ!
この夏の夜は、ぜひ、しっとりと愉しみたいものです。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。