music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

雑記の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

雑記 / 2010.10.02
いろいろと本やネットなどを見ていると、「立派だなあ」と思う人ばかりです。
今日は妻が法事に出ておりヒマなので、「自分と比べてどれだけ立派か」ということを、同世代の立派の代表格である小泉進次郎氏のプロフィールと照らし合わせてみました。

小泉進次郎氏のサイト

koizumi

自分
me

この検証から見えてくることは、本やネットで見るような立派な人と比べてもお話にならないということです。
渦巻のような情報の中、政治や経済・他人の生き方などついつい気に留めてしまいがちですが、手の届かないことで喜んだり怒ったりせずに、自分と周囲の幸せだけ考えて普通に生きていきたいと思います。

スポンサーサイト

結婚式

雑記 / 2010.06.16
6月12日、結婚式を挙げました。
遠くから足を運んでくださった皆さんには、新居(半年以上住んでますが)にも来ていただいて、今年一番の楽しい時間を過ごしました。
皆さんに喜んでいただけたことが、なにより嬉しいです。
山も谷もありますが、皆さん共に多幸を目指しましょう!

Twitter

雑記 / 2010.03.21
masaくんも書いていましたが、Twitterを始めて以来、当ブログを利用する機会がまったく無くなってしまいました・・・。
購入した新譜だけは、右側の「今おすすめのCD」欄にて更新しています。
念のため、別段変わりありませんのでご報告まで。

コールセンター

雑記 / 2010.01.26
もろもろの手続きや機械の故障など、なんやかんやでつまづいたとき、コールセンターに電話してさっさと問題を片つけてしまいたい、ということが多くあります。

コールセンターは、その企業が活動する場所とは別に、わりと標準的な日本語を使うとされる札幌に設置されているケースも多いようですが、同郷者としては、その微妙なアクセントの揺らぎに気づき、「ああ、札幌だな」などと思ってしまうこともよくあるのです。
おそらく他の地方の人からは、模範的な標準語に聞こえると思うのですが、やはりまた、その人懐っこい印象というか、あっさりと割り切らない対応などは、意識せず心地よく感じられることもあろうかと思います。
さておき、こんなとき、相手は札幌であろうことを気づきながらも、双方とも標準語話者を演じてスマしているのが、なんとも言えない可笑しみを感じるのですよね。
余裕があれば「もしかして、おたく、札幌ですか?」なんて言ってみたいんだけど、そして9割がた当てる自信があるんだけど、それもなんだか痒いしなあ、などと思いつつ、電話を切る段になってみると、嬉しかった反動ですこし寂しくなったりして、必要以上に御礼の言葉を述べてしまったりするのです。

新年おめでとうございます

雑記 / 2010.01.07
masaくん、Sさん、正月は遊んでくれてありがとう。
楽しかったです!
近々Picasaに写真をアップしようと思います。
とりいそぎ、こんなやつ↓が多く掲載される予定です。
スクリーンショット(2010-01-07 12.33.07)

さて、引越もおおよそ片つきまして、2010年は発展的な一年にしたいと思います。
その一歩として先日Disc Unionに売り払ったCDですが、計1,171枚でなんと26万円にもなりました。
まあ景気的にも音楽流通的にもこのご時世ですし、せいぜい5~6万円の値が付けば御の字くらいの気持ちでしたので、なんとも驚きの臨時収入です。
傾向としては、必ずしも新譜が良いというわけではなく、日本のヒップホップなど固定ファンが多いジャンルや、廃盤・レア盤に高値がついた印象ですかね。
このあたりはやはりDisc Unionというか、お店の個性を感じる査定内容と思います。
とりわけ嬉しかったのは、まああたりまえといえばあたりまえですけれども、一枚一枚、本当に丁寧に検品してもらえたことですね。
206枚の値がつかなかったCDは別として、その他1,000枚近くのCDそれぞれについて、アルバムタイトル・アーティスト名・ジャンル区分・状態・査定額・特記事項、などが一覧になったデータが送られてきまして、特に特記事項に至っては、「キズ小」「廃盤」「フリーソウル名盤!!」「1ST!!」「DETROIT」「リマスター盤」「BLACK DISC GUIDE掲載」「DIGIPACK 元々帯ナシ」などなど、各品に関する非常に精細なコメントが付いているわけです。
まあこちらも10年以上かけて集めたCDですので、改めて「へぇ~」などと感心したりして、とても真摯な姿勢で買い取って頂けた、ということで、たいへん嬉しくなったのでした。
一点無念なのは、買取値の2位/1,171枚が、パフューム「ゲーム」の初回限定盤だったことですかね。
商売は商売としてわかるけど、なんかこう苦々しいというか歯がゆいというか、ぼくの音楽遍歴もこんなものか、みたいなある意味ちょっぴり素直な気持ちになったりもしましたね。

リスペクト!:
http://diskunion.net/st/kaitori.html

P.S. 鳩山さんへの闘争心からTwitterを始めました。
いざ使ってみると、なかなか楽しく便利なものですね。
個人的な思いつきの記録に留まりそうですが、興味ありましたらぜひご一報ください。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。