music, labo, relax.

   R&B/Hip Hop     Club/Electronic     Jazz     World     Japanese     Others     Past (-07/2)     クルマ     メカ     雑記     未分類 

クルマの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信者」ということ

クルマ / 2010.06.19
100619mini

MINIも乗り続けて早3年が経ち、先日車検を通したところです。
改めて、よくできたクルマだと思います。
物欲を断てず情けない思いをしている僕をして、「あのクルマに乗り換えたい」などという浮気心をこれっぽっちも持たせないほど気に入っています。
たとえポルシェとかフェラーリとかと交換しないかと言われても、迷わずMINIを選びますね。
小ささや走行性能、最低限の積載性といった日常使用での満足も大きいし、そのデザインや質感、しっかり感、車内のどこかに触れる感触まで、継続的に惹きつけられる総合的な完成度が極めて高いのです。
ニュービートルやPTクルーザーなど、同時期に登場した同種のクルマがいくつかありました。
MINIも一見、いわゆる飛び道具的な、レトロスペクティブなクルマなのですが、大成功を収めました。
もとより専門の会社を立ち上げるなど気合の入りようからして違いましたけど、MINIはモノとして本当によく考え抜かれています。
ロングセラーになっているのも納得です。
下取時の値落幅の小ささも、長いことトップのままです。

加えて、下記のようなこともあるのです。
GIGAZINE - 「ポルシェはヨワムシ野郎、全力でかかってこいや」とBMWミニ・アメリカが挑戦状を叩きつける

ふつうに考えて勝てるわけないと思うのですが、こういう小生意気なキャラクターも含めて愛すべきクルマなんですよね。
ユーザーにしてみれば、ことさら痛快です。
モノとしての出来に加えて、昔から培ってきたキャラクターをよりデフォルメした擬人化というか、マーケティング面でも、群を抜いて上手いのです。
MINIにしても、すこし引いてみれば「ただのクルマ」に変わりないわけで、そこをMINIたらしめるには、やはり意図的に仕掛けないと難しいところです。
上の記事の件もさることながら、MINIという会社はたびたび、人の気を引くひくちょっとしたイタズラをやるんですね。
ビルの壁に垂直にくっついてたり、ペイントされて街中の風景に隠れてたりとかです。
ひとたびユーザーになると、そうした接触機会はなお増えて、どこかでMINIミーティングをやりますとか、それこそいろいろとあるんです。
購入以来3年経つ僕の元にも、2週に一度くらいは凝ったダイレクトメールが届くなど、手間と工夫が凝らされています。

当事者として痛切に感じるのは、自動車メーカーは、大量の人材と多額の開発費・広宣費をかけて名前も知らないクルマを乱発するのでなく、こうして一つのブランドを大切に育て続ける努力が必要な時代だなあということです。
たぶん、そこは世間一般に同じように思われていることです(しかもずっと以前から)。
作る側の事情はいろいろとあるにせよ、それにしてもまあかなり旧態依然としています。
耐久消費財だから、しばらくしたら大概なにがしかのクルマに買い換えてくれるのは事実ですが、現在のように消費市場全体としてクルマへの注目度が相対的に薄れている中、本当に大鉈を振るわなければ危ういと思うわけです。
「このクルマを乗りつぶしたら、また同じのが欲しい、あそこのクルマが欲しい」と思ってもらうことに真剣に取り組むべきです。
特に大衆車メーカーは、その努力をディーラーでのサービスに頼りがちな気がしますね。
メーカーとしても、自ら作ったクルマが長年ユーザーに愛されるよう努力を重ねなければいけない。
見た目や新技術で衆目を集めるだけでは、深い愛着心は育たないはずです。

そういえば、マーケティングで購買意欲を高め、購入後の満足感をもってロイヤリティを高めるといった手法では、Appleも同様の成功を収めており、両者とも相当に巧みです。
ただ一点大きく異なるのは、IT関連においてはまだまだ製品面・インフラ面での伸びシロがあるということですね。
新商品を次々と発売し、斬新性を更新するという手法が充分に機能するわけです。
その点、自動車業界周辺はとうの昔に成熟を極めています。
目玉のエコ技術にしても、Appleの持ち場に例えると、モバイル機器のバッテリーの持ちが良くなったくらいの意味しか持ちません。
むしろ法的・倫理的足枷への対処として仕方なくやっている面もあります。
このように新鮮味を生みにくい状況では、購入後のユーザー満足度を高める努力が、なお一層求められるはずです。

僕はAppleもMINIも大好きです。
まんまと策にはまっていることは自覚しながらも、それはそれでOKで、愉快な楽しみを常に与えてくれる、という信頼には代えられません。
ブランディングとは究極的には「信者」を育てることだと思います。
そのやり方は業種・業態によって様々ながら、幸い自動車メーカーにおいてはMINIという良い前例があるのだから、そのエッセンスを真剣に学び、自社ならではの強みを織り込んで戦ってほしいと思います。
数車種つくるだけのリソースがあれば、それくらいのスタディはできるはずです。
例えばトヨタにしてみれば、高級車市場では圧倒的に後発だったわけですが、遅ればせながらもレクサスで一定の成功を収めましたよね。
レクサスのおかげで、高収益体質を強化できたのは間違いありません。
MINIのように、とりわけ高級でもないがユーザーの忠誠心を育むやり方というのは、台あたりの収益こそレクサスに及ばないかもしれませんが、代わりに長期的な安定につながるものです。
十年先の経営環境が不透明な中、これこそ、自動車会社が求めているものだと思います。
レクサス同様、意識さえ変えれば、MINI以外ができないことでもないと思うんですよね。
MINIだって初めはただの大衆車だったわけですが、どこぞのセレブがホテルに乗り付けたとか、ラリーで優勝したとか、そういうエピソードを積み重ねて今のMINIがあるのです。
ミニのくせにでかいじゃねえか、ドイツ製のくせにイギリスのステッカー貼ってやがる、などと茶化されても、MINIはMINIなんですよね。
そうしてみると、例えばプリウスだって、充分可能性があります。
今からでも構わないので、手間暇かけて大切に育てるべきだと思います。

他人目線の評論で情けない。
話を僕のMINIに戻しますが、今後のライフスタイルの変化を考えると、実用上これを手放さざるを得なくなる可能性があり、そこは残念です。
上に書いたような考えからは4ドアのMINI・・・と言いたいところですが、いいかげん次は選択肢をトヨタに絞って何か適当なクルマを選ぼうかと思っています。
もちろん、できるだけ愛着を持てそうなことが条件です。

MINI.jp

MINIUSA.COM
スポンサーサイト

MINI Countryman

クルマ / 2010.01.26
少し情報が遅れましたが・・・MINI Countryman登場。
一時はどうなることかと思いましたが、それなりにちゃんとまとめてきましたね。









ぼくのMINIの総走行距離もようやく20,000kmに近づこうとしていますが、変わらず不満がありません。
本当に様々な面で、「よくできてる」んですよね。

参考)http://response.jp/article/2010/01/20/135136.html

New Chevrolet Camaro Has Been Unveiled

クルマ / 2008.07.23
09年型カマロが正式に発表されました。
GMnext | New Chevrolet Camaro | GM

ひさびさの原点回帰ですね。
下は、ぼくが大好きな40年前のオリジナルです。

こうして並べて比べてみると、ニコラス・ケイジ風の奥目な面構えだけでなく、
五角形のウィンドウグラフィックや、もっこりと膨らんだリヤフェンダーアーチ、
またその前に配された3本のスリット(用途不明)など、
わりと忠実にオリジナルのモチーフを踏襲していることがわかります。
それでいて、いまひとつ決定的な魅力に欠けるのは、やはり、
全体の造形で無闇に色気を出してしまっているからなのでしょう。
昨今のデザイン言語で表現された、深いえぐりや鋭角なエッジなどが、
オリジナルが持つ一本気な威圧感やアクの強さをスポイルしてしまっています。
この手のマッスルカー、特にカマロにおいては、マッシブでありながらシンプルな造形や、
腰高とも言えるほどテーパードされた平べったいボディ、
そして、それと対照的に際立つファットなタイヤなどが、特徴であり魅力であるわけです。
ガソリン高騰の折、マスセールス性を放棄したせっかくのアンチエコカーなのですから、
ネオマッスルとしつつも、空力や流行などに気を取られて、
ディフューザーなどつけて妙に踏ん張ってしまったのが残念です。
一番のキャラクターであるフロントの開口部も、猪口才な角度や絞りなどつけずに、
素直に作れば良かったのになあ、という思いですね。
決して現代的な凝った意匠でもないですから、その他の部分の新しさと勘合しても、
ちぐはぐで違和感が残ります。

さておき、漢・カマロたるや、かくありたいですよね。

オリジナルが好きなあまり辛口になってしまいましたが、
新型の6.2Lエンジンが、これくらいの資質を持っていることに期待します。

ホイールガリ

クルマ / 2008.06.15
MINIが、ついに傷モノになってしまいました。

コンビニでNUDAでも買おうと思い、路肩に寄せていたところの出来事でした。
けっこう派手ですね。
円周の4分の1くらいはあろうかと思います。
ホイールの白い塗料がべったりとタイヤに付着しており、なんともトホホであります。

ぼくはいつも、ホイールを擦るほどシビアに寄せるほうではないですから、
おかしいなと思い降りて確認してみると、
なるほど、街路樹の根が縁石を押しのけてスクスクと育っていたのですね。
写真には収まっていませんが、縁石はこのかなり手前から車道側に迫ってきており、
フライング幅は合計10cm程度あろうかと目測しました。
ちょうどフェンダーの死角になっていたこともあり、これは文字どおり盲点でした。
実はつい先日、たぶんいたずらだと思うのですが、左後ろのタイヤに釘が刺さっており、
純正のランフラットタイヤの交換に5万円ほども支払ったばかりです。
どうも最近、足回りに関してついていないなあと思いつつ、
修理に出そうか、それとも自分で補修しようか、思案中です。
なんにせよ、パテを盛らねばならないほど深くえぐれているので、
きちんとやろうとすると、ぼくの手には負えないかもしれません。
なにかとお金はかかりますが、まだ走行距離は6,000kmですし、
この際、低ダストタイプのブレーキパッドへの交換も合わせて、
専門店にお願いしたほうが良いかなあとも思います。
というのも、写真でもお判りのように、せっかくの白いシューズが汚れて見苦しいですよね。
これは、べつに清掃を怠っているわけではなく、
純白状態からたった500kmほどしか走っていないわけです。
街行くBMWやメルセデスのホイールがことごとくそうであるとおり、
これは欧州車全般に関して言えるのですが、制動性能を重視した柔らかいパッドを採用しており、
ダストの飛散量が非常に多いため、すぐに真っ黒になってしまうのです。

MINI Cooper S Convertible (AT)

クルマ / 2008.05.08


MINI Cooper S(R56)に乗り始めてから、かれこれ11ヶ月が経とうとしています。
初期型ということで、ある程度のトラブルは覚悟していましたが、
いまのところ、これと言った不都合もなく快調に走っています。
やはり、すばしこくて小さな車は良いですね。
MTだと特に「走らせている(=乗せられていない)」という実感が強く、
衝動買いに近い格好ではありましたが、良かったよかったと思っています。

と、満悦のこの頃ですが、細かいところでは気になる箇所も出てきておりまして、
このたび、一年点検を兼ねてディーラーに看てもらうことにしました。
その際に代車として貸してもらったのが、上のコンバーチブルというわけです。
以前Z3に乗っていたこともあり、ひさしぶりのオープンカーを楽しみにしていたのですが、
少し走ってみた印象では、残念ながら、やはり一世代前のクルマというかんじは否めませんね。
インテリアの質感の低さ、ガーガーと無粋なエンジン音・排気音、
シーケンシャルATのダイレクト感の乏しさ、幌のたてつけの悪さ。
これがツルシで346万円ですから、皮肉なことですけれども、
中古も視野に入れて検討していたぼくとしては、新型を選んで良かったなあ、と、
逆に妙な満足感を抱く結果になってしまいました。
ただ、こんなにも素っ気ない外観でありながら、
オープン時の風の巻き込みが思いがけず少なかったことには驚きました。
やはりコンバーチブルを選ぶ以上、屋根を開けなければ意味がありませんから、
帽子と着ぐるみが必需だったZ3を顧みると、この設計はありがたいことです。
また、高いベルトラインのおかげで包まれ感が高く、
屋根が無くても安心して乗ることができることもポイントです。
かといって、開放感がスポイルされているかというとそうでもなく、
このへんの絶妙な感覚は、垂直に立ったウィンドシールドが功を奏していそうですね。
今年度中に発表されると思われるR56コンバチが楽しみです。

さて、蛇足ですが、今回点検してもらっている箇所は次のとおりです。
・アイドリング時の駆動系異音(カラカラ音。クラッチを切ると消える)
・2月に案内が来た無償修理(ウインカー云々。詳細は忘れました)
・電動ミラー格納時のモーター異音(カラカラ音)
・グリル下端部からのグリス垂れ(気温が高い時期のみ)
・車内各部のイルミネーション色の不一致
この春、東邦モーターズが自動車事業から撤退したことで、
普段お世話になっているMINI品川はBMW Tokyoに移管されたわけですが、
当の東邦モーターズは、事業撤退のアナウンス早々代車を引き払ってしまうなど、
点検してもらおうにも預けられない状態でした。
納車以来、思い出したように届くダイレクトメールを除いては放ったらかされていた
(担当者が辞めていたことすら知らされなかった)ことも含めて内心穏やかではなかったものの、
反面、今後のサービス向上に期待している次第です。
Template by まるぼろらいと & O谷

Copyright ©music, labo, relax. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。